ロングトレイルの旅   関東ふれあいの道一周

1都6県をつなぐ自然歩道「関東ふれあいの道」1800Kmを一周するりゅうぞうのブログです。

ここがムジナ平・・ ぐんま県境稜線トレイル⑧

f:id:trailtravel:20200915223925j:plain

(写真:三坂峠~白砂山の入り口看板)

どうぞ読者に!⤵

みなさん、こんにちは。

( ;´Д`)ノ

ぐんま県境稜線トレイルの続きです。

前回は、平標山の家を後にし、ムジナ平を目指しましたが、疲労と足裏の痛みに耐えかね、稲包山ビバークしたところまで書きましたね。

前回の旅はコチラ⤵

www.trailtravel.net

もう一度、ルートのおさらいです。

f:id:trailtravel:20200717230308j:plain

計画では、翌日(旅の3日目)は、野反湖を越え赤石山のふもとまで進む予定です。

しかしながら、今日ムジナ平まで到達しなかったので、かなり厳しくなってしまった。

稲包山からだと、白砂山まで8時間はかかると見込まれます。

そこからさらに赤石山のふもとまでとなると、まず到達は難しい。

元気いっぱいの時ですら無理でしょう。

疲れ切っているうえに、足がふやけてしまった状態では、なおさら・・・

さて、どうなることでしょう。

ということで、2019年8月11日の夜が更けていきます。

 

行こう さらに先へ

稲包山に到着したのは16時30分ごろ。

夜が迫っていましたが、もう先に進む力は残っていません。

計画外ですが、ここでビバークせざるを得ませんでした。

f:id:trailtravel:20200913092547j:plain

山頂の祠にお参りをし、手早くツェルトを張ります。

明るいうちからその兆候があったのですが、夕刻になって天気が悪化してきます。

風がかなり強くなり、雨もパラパラ降ってきた。

急いで食事を終えると、直ちにツェルトに潜り込みます。

案の定、間もなく本格的に雨が降りはじめ、強風がツェルトを揺さぶる。

 

しっかりと張ったので、ツェルトが吹き飛ばされることはないと思いますが、それでも心安く眠るという感じではありません。

落ち着かない気持ちですが、明日の行動を考えましょう。

まず、行くか、戻るか、でかなり悩む。おそらく1時間は迷ったと思います。

濡れた足はふやけ、しわができ始めており、部分的には痛みも感じる。

一方、横になっているうちに、身体の疲労はかなり回復してきました。

今夜できるだけ足を乾かしておけば、何とかなるかもしれません。

気になるのは水ですが、残り少ないながらまだ800mlほどはある。

あと、水分たっぷりのリンゴも一つ残っています。

ムジナ平の水場までは4~5時間ほど、今夜の雨なら水枯れはない。

・・・・・・

(`・ω・´) よし、行ける!

そうすると、あとは出発時間です。

計画では明日は赤石山のふもとで野営する予定でしたが、この状況ではすでに不可能。

とすると、野反湖のキャンプ場で野営するしかない。

ここから野反湖までは約10時間と見積もっていますが、足の状態を考えれば12時間ぐらいかかるでしょう。

そうすると、明るいうちに到着するには、明日の朝4時に出発しなければ・・・

ということで、3時起床、4時出発を決心し、一刻も早く眠ることにしました。

 

濡れた笹薮を進む

朝3時・・・

夜半にますます強くなった風雨のため、ほとんど眠れないまま起床。

真っ暗な中、ツェルトを畳み出発の準備を整えます。

幸いにも、雨は止んでいましたが、凄まじい数の蛾が襲い掛かってきます。

ヘッドライトめがけて無数の蛾が飛んでくるので、顔面にバシバシと当たるし、中には口の中に飛び込んでくる不届き者も・・・

( ;´Д`)  ぐわぁぁ・・・

畳むツェルトにも何匹も集ってきて、払いのけますが何匹かは巻き込んでしまう。

そんなこんなで手間取りましたが、何とか予定通り4時に稲包山を出発

守ってくれてありがとうございました、と祠にお礼をいって山頂を後にします。

 

さて、ここからは人跡まれなルートです。

覚悟していましたが、いきなり深い笹薮に突入

f:id:trailtravel:20200918093802j:plain

微かに踏み跡がついていますが、いかにも頼りない。

この後しばらく行くと踏み跡は完全に無くなってしまいました。

「道を間違ったか?」と、かなり戻りますが、それらしい分岐はありません。

地図を何度も見ますが、地形的にはこのまま進むのが正しいようです。

ただし、夜の闇と藪で視界が制限されて、完全には地形がわからない。

とりあえず、もと来た道を失わないようにコンパスで逆方位を確認しつつ、踏み跡を意識的につけながら進むようにします。

・・・夜よ早く明けて・・・

明るくなれば、もう少し道の判断が正確にできるのですが・・・

しかしまだ4時、夜明けにはまだ1時間ほどかかります。

もう、写真を撮る余裕もありません。道を失わないようにすることで精一杯。

 

不安に耐えながら進むうちに、再び踏み跡らしきものが明瞭になってきました。

そしてその頃に、待ちに待った夜明けが。

f:id:trailtravel:20200918115819j:plain

ようやく写真を撮る余裕が出てきました。

道は次第に谷を出て、尾根に登るようです。

f:id:trailtravel:20200918120610j:plain

快晴ではないですが、やっぱり太陽が昇ると安心感が違いますね。

まだ低い雲が張り付いていますが、天気は回復傾向のようです。

f:id:trailtravel:20200918120946j:plain

5時20分に、三坂峠という場所に到着。

ここで道は二つに分かれ、北に行くと苗場プリンスホテル方向へ、西に行くとムジナ平を経て白砂山へと向かいます。

f:id:trailtravel:20200918121603j:plain

ここが最後の決心点。これ以降はエスケープルートはなく、野反湖へ抜けるしかありません。

道標の脇に立っていた注意書きが、緊張感を高める。

f:id:trailtravel:20200918122108j:plain

エスケープ無理、避難小屋なし、水枯れあり、携帯ダメ、熊・・・

(;゚Д゚) ううぅ・・・

しかし、ここまで煽られると、逆に闘志が沸いてきたりする。

もう一度、気を引き締めましょう。

よし、行くぞっ!

 

樹林帯から笹薮へ

三坂峠の道標の脇を、白砂山に向けて踏み出します。f:id:trailtravel:20200918124137j:plain

とにかく一番の不安は道迷いでしたが、嬉しいことにこのような標識が。

道を整備してくださっている方々に感謝です。

f:id:trailtravel:20200918124310j:plain

さらに、ところどころでは指導標識も立てられています。

f:id:trailtravel:20200918133114j:plain

ここは地図上で・1766という場所ですが、ちゃんと現在地も記載してありましたよ。

時間は7時10分、ムジナ平まではあと1時間ほど。

道跡も明瞭だし、かなり安心です。

そこで、とっておきのリンゴを取り出して食べました。

日差しこそ弱いですが、とても蒸し暑く、のどが渇いてたまらない。

それでも、水が残り少ないので、一口飲んでは我慢し、我慢できなくなればまた一口と節約してきたのです。

このリンゴの美味しかったこと!

かじるたびに、果汁が溢れて口中に広がります。

カラカラに乾いた体に、その果汁が染み渡る感じ。

ほんとに美味しかったなぁ・・・

 

リンゴを食べて、朝から続いていた緊張も疲労も、かなり安らぎました。

美味しい食べ物は偉大です。

元気も戻ってきたので、先に進みましょう。

この辺りから、植生が一変します。

f:id:trailtravel:20200918140043j:plain

笹原になってきました。

これまで樹林帯で明瞭に道が見えていたんですが、分かりにくくなってきた。

さらにイヤなのは、濡れた笹で足元が濡れることです。

夜の間はレインウェアを着ていたんですが、夜明け後の樹林帯では暑くて脱いでしまいました。

なので、また足元が濡れすぎると、靴の中にしみこんでくる可能性がある。

f:id:trailtravel:20200918140719j:plain

しかし、もう完全に辺り一面の笹原。

いよいよ道が不明瞭になってきて、足が濡れるどころじゃなくなってきました。

平標山の家の御主人が、5月に道の草を刈ったと言っていましたが、あれから伸びたのでしょうか。それとも一時的に新潟側に入っただけなのか?

とりあえず稜線を外さずに進みます。

f:id:trailtravel:20200918141444j:plain

 

地形的にイヤなのは、こういったノッペリ系の場所です。

ここはなんとか道が見えました。

f:id:trailtravel:20200918141736j:plain

ここもなんとか道が判別できました。

もう、かれこれ40分ぐらいムンムンと蒸し暑い笹薮を漕いでます。

リンゴの効力もすでに尽き、かなりの疲労が・・・

 

ここがムジナ平・・・

笹薮の向こうに、森が見えてきました。

f:id:trailtravel:20200918142250j:plain

どうやら道は再び樹林帯に入るようです。

とにかく早く、この笹地獄を抜けたい!

森に入ると、待ちに待った道標が立っていましたよ!

f:id:trailtravel:20200918142834j:plain

道標には「セバトノ頭」と書いてありました。

とすれば、ムジナ平は目と鼻の先。

はやる心を押さえながら進むと、8時5分に、とうとう水場の表示が!

f:id:trailtravel:20200918143309j:plain

Σ (  ゚ ∀ ゚) おおーっ!
「水場0.1km」と書いてある!

f:id:trailtravel:20200918144503j:plain

これで昨日の午後から悩まされた水不足も解決っ!

ムジナ平も目と鼻の先ですが、まずは水場へ!

と、勢い込んで谷のほうに降りましたが、ここがまた難路・・・

f:id:trailtravel:20200918144224j:plain

しかも、踏み跡がほとんど確認できません。

もしかしたら、ここで道迷いするんじゃないか?

そんな恐怖すら感じさせる。

さらに下ると、トンネル状の溝に入り込みました。

f:id:trailtravel:20200918144637j:plain

数カ所、笹枝にテープが結びつけてありましたから、道は間違っていない・・はず。

しかもこの溝は枝分かれしていて、下るときはいいのですが、戻るときはどちらから来たか分からなくなります。ぼくも帰りに一度大きく間違えました。

時々振り返り、景色を記憶しながら進みましょう。

そして5分ほど下ると、とうとう水場を発見!

f:id:trailtravel:20200918145049j:plain

写真ではよく分かりませんが、確かに水が流れています。

しかし、昨日雨が降ったにしては、予想より水量は乏しい。

数日好天が続いた時は、枯れる恐れは十二分にありそうだ。

ともかく、500mlをまずは一気飲み。それでも足らずさらに500mlを一気に飲み干します。チョロチョロと水筒にたまる水量がもどかしい。

さらに水を補給し、これで一安心。

もと来た道を登り返しますが、違う枝溝に入ってしまい、少し迷ってしまいました。

 

道標の位置に帰り、少し歩くと樹林帯が途切れ、再び笹原に。

笹原の真ん中が茶色くなっているけれど、あそこがもしかして?

f:id:trailtravel:20200918150028j:plain

そのまさかでした。

ここがムジナ平・・・です。時刻は8時50分。

f:id:trailtravel:20200918150151j:plain

(;゚Д゚) えええ・・

笹薮を4帖半ほど無理やり刈り込んだだけ。

しかもだいぶ刈った笹が伸びてきて、剣山のようになっている。

いや、刈っていただいた方には本当に感謝なのですが・・・

ここで野営するのは、かなり勇気がいるのでは?

なんだか、熊も出そうだし・・・

何張りかのテントを展開できる広場を想像していたので、ちょっと驚きました。

ということで、特に休む場所もないため、このまま先へ向かいます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ぜひ、引き続き次回も一緒に旅してくださいね!

それでは、また。

(;゚Д゚)ノ バイバイ

どうぞポチリとお願いします!⤵

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へにほんブログ村

徒歩の旅ランキング







 

 

 

 

 




 

 

 

 

 

稲包山で夜を迎える ぐんま県境稜線トレイル⑦

f:id:trailtravel:20200912212530j:plain

(写真:稲包山山頂でのビバーク

どうぞ読者に!⤵

みなさん、こんにちは。

;つД`)

毎回、記事の間隔が空いてスイマセン・・・

それでなくとも、長いぐんま県境稜線トレイルの旅。

どうか引き続きお付き合いください(お願い!)

前回は、平標山の家に到着したところまで書きましたね。

前回の記事はコチラ⤵

www.trailtravel.net

 大障子避難小屋を朝の2時に出発し、8時20分に平標山の家に到着

まだ朝とはいえ、すでにもう6時間以上歩き続けています。

情けないことに、かなりの疲労を感じる・・・

さらに、朝露に濡れた足首を伝って、靴の中まで濡れてしまいました。

足の皮がふやけてしまい、痛みすら感じるほどに。

本来なら、この場所は8時前には通過していなければ、今日の宿営地であるムジナ平に明るいうちに到着することは難しい。

ルートの詳細はコチラ⤵

f:id:trailtravel:20200717230308j:plain

それなのに、疲れのあまり平標山の家で1時間近く休んでしまいました。

こんなことで、この先どうなるのか?

不安は募るばかり・・・

ということで、2019年8月11日の旅の続きです。

 

疲労困憊の三国峠

平標山の家でラーメンを食べ、トンボと遊ぶうちに、9時を過ぎてしまいました。

計画より大幅に時間が過ぎていると、分かっているんですが・・・

分かっているのに、疲れて体が動かない!

ふやけた足も、痛い!

f:id:trailtravel:20200826223403j:plain

もう進みたくない!

何だか変な声が聞こえてきます。

ここからなら、苗場スキー場方向へ下ることができる、今しかないっ!

声は、ますますぼくの耳の奥で囁いてくる。

正直言うと、ほとんどこの声に従いそうになっていました。

足も痛いし、そもそもムジナ平に到着できる時間じゃない。

一体どこで夜を過ごすつもりなんだ?

しかも、稲包山から先は、道すら定かでない難路・・・

 

ずいぶん悩みましたが、ようやく決断。

やっぱり、三国峠までは行こう!

三国峠からは30分ほど下れば国道に出るし、さらに40分ほど進めばバス停に出る。

進むか、止めるか、三国峠を最後の決心点にしよう。

平標山の家を後にしたのは、計画より1時間半ほど遅れた9時20分でした。

ここからは完全に谷川主脈を離れ、樹林帯が続きます。

f:id:trailtravel:20200912223250j:plain

これまでの鋭い稜線とは打って変わって、歩きやすい道です。

少し開けた場所に出ましたが、谷川主脈方向の左側の谷には厚いガスが。

f:id:trailtravel:20200912224517j:plain

少しガスが薄くなる時もありますが、谷川主脈の稜線は見えません。

f:id:trailtravel:20200912225052j:plain

晴れていれば、雄大な山なみを望めたのに。

ガスに遮られて日差しは乏しいですが、気温は高い。

蒸します。この感じだと、午後は崩れるかもしれない。

f:id:trailtravel:20200912224818j:plain

足がふやけているので、雨は困るなぁ・・・

そんなことを思いながら、延々と続く樹林帯を進みます。

f:id:trailtravel:20200912225302j:plain

1時間ほど進むと、三角山という山頂らしくない場所に出ました。

標識の文字が達筆で気合入ってますよね。

f:id:trailtravel:20200912225549j:plain

あと、地点間を時間で示しているのも珍しいですね。

三国峠までは1時間30分とある。

このとき10時15分だったので、だいたい12時前には着く計算か。

三国峠からムジナ平まではざっと7時間。

夏なので19時でもまだ明るいといえば明るいが、かなり厳しいなぁ・・・

ということで、休むことなく先を急ぎます。

さらに1時間ほど進むと、尾根の先に三国山らしき山が見えてきました

f:id:trailtravel:20200912230404j:plain

ということは、あの向こうが三国峠だな。

時計を見ると11時10分。

見当通り12時前には三国峠に着けそうでしたが、平標山の家から2時間ほど歩き続けたために、再び足の痛みが強くなってきました。

もしかすると、足の裏にマメができたかもしれません。

足が地面に着くと、かなり痛い・・・

スピードを出すのが辛くなってきましたが、それでも峠への下りに到着

f:id:trailtravel:20200912233435j:plain

木の階段が続いています。

どんどん下りましょう。

f:id:trailtravel:20200912233642j:plain

しかし、トレイルと異なって、固い木段はもろに足裏に衝撃が伝わります。

((;゚Д゚)  痛いっ!

下ることが、痛くて痛くてたまりません。

もう、三国峠は目と鼻の先なのに・・・

12時ぐらいに峠を通過できれば、なんとかムジナ平まで行けるかもしれないのに・・・

それなのに、階段の途中のベンチに座り込んでしまいました。

f:id:trailtravel:20200912234121j:plain

蒸し暑いなかを進んできたせいか、体の疲れもひどい。

10時間も動き続けてきて、頭もふらふらする。

もう我慢できなくて、靴と靴下を脱ぎ、さらにはTシャツも脱いで、ベンチに横になりました。

横になると、疲労がドッと押し寄せてきて、思わず目をつぶってしまい・・・

そのまま眠ってしまいました。

 

どうする? どうする?

目を開くと、12時30分を過ぎていました。

なんと、30分近くも眠っていたようです。

どうしよう! ただでさえムジナ平までは厳しい時間なのに・・・

いずれにしても、この状態では明るいうちにムジナ平に到着することは難しい。

道がはっきりしないのに、夜間動くことは危険です。

とすると、三国峠から下山するか・・・

 

かなり悩みます。

しかし、少し眠ったのでかなり体力が回復していました。

靴を脱いで乾かしていたので、足の痛みも相当和らいでいます

この感じなら、稲包山までは明るいうちに行けるかもしれない。さらに、また調子が戻ってくれば、速度を回復できる可能性はあります。

そうすればムジナ平もまだ諦めるのは早い。

稲包山までは地図でも実線道だし、三国峠からのコースタイムは4時間ほどです。

もし、翌日調子が悪ければ、三国峠まで引き返して下山することもできる。

 

(`・ω・´)  よし、行こう!

そうと決めたら、さっそく靴を履き、出発!

ますます急になる階段を、峠に向けて下ります。

f:id:trailtravel:20200912235749j:plain

急な階段はやはり、足裏にこたえる・・・

そしてようやく、12時50分に三国峠に到着

f:id:trailtravel:20200912235927j:plain

小さな神社が一つ、あとは何もありません。

じつは、自動販売機があればコーラ買おうと思っていたんです。

そんな自分の浅はかさが情けない。

そして、微かな希望が打ち砕かれて涙が出てくる。

ここが稲包山へと向かう道の入り口です。

f:id:trailtravel:20200913000328j:plain

道標の立っているのが心強い。

もう戻らない覚悟で、気合を入れなおします。

登るといきなり、藪漕ぎ風の急登が襲い掛かってくる。

f:id:trailtravel:20200913000550j:plain

踏み跡はあるものの、ほとんど誰も入ってこないんだろうなぁ。

クマが心配です。

はるか向こうに、苗場プリンスホテルが見えました。

f:id:trailtravel:20200913000827j:plain

人間界とも、しばらくお別れだな・・・

 

再び稜線へ

 

ゼイゼイ言いながら20分ほど登ると、ようやく稜線に出ました。

f:id:trailtravel:20200913001054j:plain

ようやく、一息つけます。

あとは、この稜線を外さないように稲包山まで進む!

f:id:trailtravel:20200913001231j:plain

天気は相変わらず曇りベースですが、蒸し暑い。

しかし、ムジナ平まで水場がないので、今ある水を大切に使わなくてはいけない。

本当に苦しくなった時に一口だけ飲むようにして、先に進みます。

なんだか道が不明瞭になってきて不安ですが、とにかく稜線を外さず進む。

f:id:trailtravel:20200913001656j:plain

緩やかにカーブを描きながら、稜線は南へと曲がっていく。

f:id:trailtravel:20200913001850j:plain

本当にどこまでも続く稜線のトレイル。

三国峠を後にして約1時間半、2時30分にキワノ平ノ頭という場所に出ました。

f:id:trailtravel:20200913002231j:plain

久しぶりに出現した道標に一安心。

ここは地図にも記載されている場所で、ここから稲包山まではコースタイムで1時間45分と書かれています。

とすると、17時までには到着できるかな。

気持ちも落ち着いたので、ここで一休みし、贅沢にも水を二口ほど飲みました。

三国峠の手前で眠ったのが効いているようで、先ほどまでの酷い疲労は感じません。

元気が残っているうちに、どんどん進んでいきましょう。

f:id:trailtravel:20200913003744j:plain

一番奥に見えている一番高い山が稲包山でしょうか。

そして、稲包山から右に連なる尾根が、ムジナ平から白砂山へと続く稜線でしょう。

この辺りから、尾根沿いに送電線が走り始めます。

f:id:trailtravel:20200913085406j:plain

鉄塔まわりに保線用の巡視路がいくつも混交していて、そちらに迷い込まないよう注意が必要。

たとえば、こんな場所ですが、正しい道は右上に登っていく方向です。

f:id:trailtravel:20200913090943j:plain

そのような個所には標識が設置されているのですが、時には標識が倒れていて分かりにくい場所もある。

f:id:trailtravel:20200913090726j:plain

迷わないよう、気をつけて行かないと。

 

もう進めない稲包山

 

このようにして進み続け、ようやく稲包山の取り付きに到着しました。

まっすぐ進めば稲包山の山頂、写真では見切れていますが右へ行けばムジナ平です。

f:id:trailtravel:20200913091309j:plain

この時、時刻は4時15分

ムジナ平に向かう時間も体力も残っていませんでした。

それよりも、今夜のビバーク適地を見つけなければ。

ここまでツェルトを張れるような場所はなく、この先もないようです。

しかし、山頂なら少し開けた場所があるかもしれない。

動物の危険も、このような樹林の中よりは山頂のほうが少ないでしょう。

そう考え、稲包山の山頂に向かうことにしました。

ここから10分ほどで山頂には到着

f:id:trailtravel:20200913091900j:plain

思ったとおり、山頂はかなり開けていて、ツェルトを張る地積もありました。

時間はもう16時半近く、これから登山者が来ることもないでしょう。

それに、疲れ切っていて、もうこれ以上進めない。

足裏の痛さも、かなり苦しくなってきて、今日はもう歩けない。

 

計画外の緊急的な行動になりますが、ここでビバークすることに決めました。

何だか守ってくれるような気がしたので、祠のすぐわきにツェルトを張ります。

f:id:trailtravel:20200913092547j:plain申し訳ありません、一夜の宿をお借りします。

祠にお参りをし、設営を終えると、あたりは次第に暗くなってきました。

どうやら山頂は雲の中に入ったよう。

風も強くなってきて、ツェルトが風にはためきます。

さて、これからどうなることやら・・・

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

明日このままムジナ平へと進むか、それとも三国峠へ戻るか。

次回もまた、どうぞ一緒に旅してください!

それでは、また。

( ;´Д`)  バイバイ

どうぞポチリとお願いします!⤵

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へにほんブログ村

トレッキングランキング

トンボ群れる平標山の家 ぐんま県境稜線トレイル➅

f:id:trailtravel:20200826231613j:plain

(写真:平標山の家でのトンボ)

どうぞ読者に!⤵ 

みなさん、こんにちは。

(^ω^)ノ

ぐんま県境稜線トレイルの続きです。

いろいろあって、前回の記事からかなり間が空いてしまいました。

大障子避難小屋を2時に出発、夜の尾根を旅して平標山(たいらっぴょうやま)に到着したところまで書きましたね。

前回の旅はコチラ⤵


もう一度ルートをおさらいしてみましょう。

f:id:trailtravel:20200717230308j:plain

2日目の今日は、平標山から三国峠を経て、ムジナ平までの予定です。

この日は、平標山のふもとに平標山の家という小屋がありますが、その後は野反湖まで無人小屋すらなく、特に稲包山~白砂山の間は道すら怪しいという難路

(現在ではちゃんと「山と高原地図」にルート表記があります)

はたして、大丈夫でしょうか?

ということで、旅の2日目、2019年8月11日の朝です。

 

平らだよ平標山

長く不安な夜の稜線を越え、たどり着いた平標山

そのなだらかな山容と、山すそに広がる草原

そして山頂に通じる白い木段

f:id:trailtravel:20200809222544j:plain

まるで天国のようです。

昨日から厳しい旅が続いていたので、心が緊張から解放されていく。

穏やかな気持ちで登っていきます。

そして、7時50分、山頂に到着。

f:id:trailtravel:20200830122533j:plain

これまで歩いてきた谷川岳主脈が、はるかに望める。

平標山はその名の通り、平らでひろーい山頂。

f:id:trailtravel:20200830122800j:plain

ドッジボールぐらいなら、できそうな感じの広場になっています。

朝の2時に大障子避難小屋を出発して約6時間。

ほとんど休憩を取らなかったので疲れました。

少し休みましょう。

ザックを下ろしてみると、思っていたより疲労を感じます。

そして気になったのが、夜露の中を歩き続けたせいか、足が湿っていたことでした。

ぼくの靴は防水仕様なのですが、どうやら靴から外に出ている靴下部分が濡れ、それが靴の中の靴下にまで伝わったようです。

靴を脱ぐと、足が白くふやけている

(;゚Д゚) ううっ・・・

 

トンボ群れ飛ぶ平標山の家

休んでいると、西の苗場スキー場方向から雲が急速に湧き上がってきました。

この先の平標山の家へと下る道も、あっという間にガスに覆われていきます。

f:id:trailtravel:20200830123642j:plain

もう少し休みたい気持ちはありましたが、もう行きましょう。

靴を履き、ザックを背負います。

靴下を脱いで、もう一度履いてみると、思ったより濡れているのを感じました。

うーん、やっぱりこれは良くないぞ。

( ;´Д`) まずい・・・

山歩きでは、足が濡れるのはご法度です。

ましてや、長い距離を歩くロングトレイルでは危険な状態。

足が湿ってふやけると、しわだらけになってマメの原因になったり、しわが重なり合って皮膚が痛んだりして、歩けなくなってしまいます

本当はこの時点ですぐに処置をすべきでしたが、もう準備を整えてしまいました。

この先20分ほど下ると平標山の家ですから、そこで処置をすることにしよう。

 

とにかく長い木道の下りが続きます。

f:id:trailtravel:20200830125938j:plain

本当に長いです。

木道で路面が固くなったせいか、湿った足の裏が痛くなってきました。

うーん、まずいぞ・・・・

しかし、そんなことにはお構いなしに、延々と続く木段。

f:id:trailtravel:20200830130531j:plain

下るにつれて、ガスがさらに深くなってきました。

さっきまでの高揚した気持ちもどこへやら、急に心が折れるような感じに。

こんな状態で、道も定かでないムジナ平まで行けるのか?

そのためには、あと8時間は歩き続けなければならないのに・・・

すっかり、心の針は弱気に振れてしまいます。

 

そんな気持ちのまま、8時20分、平標山の家に到着

f:id:trailtravel:20200830150400j:plain

この先は、野反湖まで補給できる場所がありません。

その野反湖は、明日の昼に到着する予定ですから、これからは、まる1日以上補給ができないことになります。

水場もムジナ平の怪しい水場1カ所のみ。

 

しかし、計画よりかなり時間を使ってしまい、あまりここで長居はできない。

本来なら、ここには7時半ごろ到着する予定でした。

それでも、疲労と足の痛み、そして空腹は耐えがたく、先ほど平標山の山頂で休んだばかりですが、ここでも休憩をとることにします。

 

中に入ると、小屋の子供たちがいて、可愛らしく注文を取ってくれました。

カップラーメンの美味しかったこと!

f:id:trailtravel:20200830151019j:plain

朝の2時から、ほとんど何も食べていなかったので、お腹に染み渡ります。

塩味の強いスープが、疲れを癒すんですよね。

今まで何百杯となく食べましたが、人生で一番おいしいカップヌードルでした。

;つД`) ホントだよ!

 

靴を脱ぎ、濡れた足を少しでも乾かしましょう。

そうしていると、小屋の周囲を飛び交っている無数のトンボの一匹が、ぼくの足先に止まります。

f:id:trailtravel:20200826223403j:plain

汚い足をお見せしてすみません。

大分、ふやけ始めているのがわかりますね。

少し痛みも感じます

トンボは、そんなぼくの状況は関係なく飛び、そしてまた指先に止まる。

まるで空気のなかを滑るように、スイスイと飛び回っています。

いいなあ、こんな素晴らしい羽があればムジナ平まで、ひとっ飛びだな。

思わず、そんなことを考えてしまいます。

 

時間的に急がなければならないのに、食べ終わってもしばらく動くことができません。

小屋の入り口をぼんやりと眺め、今日はここで泊まるか、などと考えていました。

もちろん、そんなことをすれば旅程は完全に崩れてしまうわけですが。

f:id:trailtravel:20200830152201j:plain

すると、小屋のご主人でしょうか、若い男の人がこちらに来て話しかけてくれました。

ぼくは、ぐんま県境稜線トレイルの旅をしていることを告げ、気になっていることを聞いてみました。

「稲包山から、白砂山までの道はどうですかね?」

「この前草刈りをしましたから、大丈夫と思いますよ」

(*´Д`) ホッ・・・・

しかし、続けて、

「でも、5月のことだから、今はどうかなぁ・・・」

えええ・・

今は8月だから、3カ月も前だ。

夏草なんて3ヶ月もあればジャングルになっているのでは?

さらに続けて、

「群馬側は刈りましたけど、新潟側はどうかなぁハハハ」

Σ(゚Д゚)ええっ・・・

この稜線は、県境とはいえ両県を行ったり来たりするために、新潟側のエリアもそこそこ多いのです。

さらに、

「あのあたり、小屋もないんですよね。きついですよ。ムジナ平に避難小屋を作ろうって話もあるんですけどね」

そして、

「クマもいますから、気をつけてくださいね(グッ!)」

ご主人は爽やかにそう言うと、ぐんま県境稜線トレイルの案内地図をくれました。

 

3カ月前の草刈り・・・新潟側?・・・きつい・・・クマ・・・

ご主人から聞いたいろいろな情報が、なぜか不安要素となって頭を駆け巡る。

気付けば、時間はもう9時に。

これはまずい、休みすぎだ!

今日中にムジナ平に行くには、もう時間の余裕がありません。

慌てて靴下を交換し、靴を履きます。

しかし、既に靴の内側も濡れてしまっており、改善効果は薄い。

新しい靴下も、すぐに湿った感じに。

大丈夫だろうか・・・

(防水靴下を持っていましたから、ここで新しい靴下の上に防水靴下を重ねるべきでした。これが後に重大な結果をもたらします)

募る不安を押さえつけ、先へと進むことに。

さて、この先、どんな旅が待っているんでしょう?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次回からは今回の旅の最難関、三国峠から稲包山、そしてムジナ平へと向かう旅のことを書きますね。

次回はコチラ⤵


それでは、また。

;つД`) バイバイ・・・

どうぞポチリとお願いします!⤵

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へにほんブログ村

徒歩の旅ランキング


 

夜明け そして平標山 ぐんま県境稜線トレイル⑤

f:id:trailtravel:20200807223814j:plain

(写真:谷川主脈の夜明け)

どうぞ読者に!

(;゚Д゚)ノ

みなさん、こんにちは。

ぐんま県境稜線トレイルの続きです。

前回は、大障子避難小屋での奇妙な夜について書きましたね。

前回の旅はコチラ⤵

夜中に突然「ドン! ドン!」と壁を打つ音が聞こえて肝を冷やしました。

虫がぶつかったんだろうと自分を納得させ、再び眠りに就きました。

それもそのはず、翌日の行程は今回の旅で最もハードなのです。

ルートの詳細はコチラ⤵

f:id:trailtravel:20200717230308j:plain

2日目は平標山(たいらっぴょうやま)から三国峠に下り、ムジナ平までの行程

この間の補給地点は、平標山のふもとにある山小屋(平標山の家)しかありません。

しかも、稲包山から白砂山までの間は地図上のルートがない。

(2017年版昭文社山と高原地図」による。その後の版ではルートの線が入っています) 

もちろんその間は、有人小屋はなく、避難小屋すらない。

エスケープルートもなく、水場も1カ所しかない。

まさに、深山の秘境地帯

さて、どんな旅になるでしょうか。

 

暗闇の稜線をゆく

翌日の厳しい行程を考慮すると、できるだけ行動時間を確保したい。

今日のように、また熱にやられて速度が落ちるかもしれないし。

ということで、計画より1時間早めて朝2時に大障子避難小屋を出発することに。

朝1時に起床し、準備を整えて時間どおりに出発しました。

f:id:trailtravel:20200807225637j:plain

小屋を後にすると、ただ暗闇が広がるばかり。

昨夜、小屋の壁を叩く不思議な音が聞こえたこともあり、気持ちはよくありません。

正直言って、不気味な感じがします。

しかし、そんな情緒的なことは言ってられないのが今日の行程。

ヘッドライトの明かりを頼りに、どんどん進んでいきます。

避難小屋からすぐに急登を登り、まずは大障子の頭に到着

f:id:trailtravel:20200807230905j:plain

時間は2時20分

草木も眠る丑三つ時・・・・

いや、もっと楽しいことを考えよう!

 

ここからは、ちょっと歩きづらい道に変わります。

f:id:trailtravel:20200807231159j:plain

岩がちで急な下りとなります。

いま写真を張り付けて気づいたのですが、谷の奥に何かが光っていますね。

ヘッドライトの光が届くには遠すぎる感じだし。

おかしいな、人はいなかったはずですが・・・

 

しかし、その時のぼくは、そんなことに気づきもしません。

一心に下り続けます。

f:id:trailtravel:20200807231531j:plain

先が見通せないだけに、どこまでも下っていくような気がします。

まるで奈落の底に落ちていくようだ。

途中、倒れた道標がありました。

f:id:trailtravel:20200807231717j:plain

まるで倒れた墓標のようだ・・・

いやいや、なんでそんな怖い方向にイメージするのか!

こうして暗闇の岩稜を進むこと1時間少々

3時15分、ようやく万太郎山に到着しました。f:id:trailtravel:20200809003940j:plain

ここは谷川岳平標山の、ちょうど中間に位置する地点です。

北側には土樽へと続く吾作新道が伸びていますが、もちろん何も見えません。

ヘッドライトの圏外は深い暗闇

留まる理由もないので、休むことなく先へ進みましょう。

万太郎山から先は、痩せた尾根が続きます。

f:id:trailtravel:20200809004532j:plain

暗い道の脇に灯りを向けると、深い谷があるようです。

足を取られないように、慎重に進みましょう。

ここを下りきると、越路避難小屋が現れました。

f:id:trailtravel:20200809005930j:plain

(;゚Д゚)ううっ・・不気味

先を急ぎましょう!

夜明けはまもなくだ!

 

夜明けのトレイル

越路避難小屋を少し行くと、この谷川主脈の最低鞍部に出ます。

標高は1568m。

ここで来た道を振り返ると、東の稜線が仄かに明るくなっていました。

f:id:trailtravel:20200809011630j:plain

たとえ僅かな光でも、何と心強い光でしょう。

闇が拭い去られていき、長く不安だった夜が終わる。

なぜか、ぼくの体にも力がみなぎってくる。

世界の至る所で、なぜ太陽が最高の神格を与えられているのか。

大自然の中で不安な一夜を過ごせば、その理由が肌感覚で理解できます。

f:id:trailtravel:20200809012433j:plain

ひとたび太陽が昇り始めると、あたりは光に満ち、闇はぐんぐんと追いやられていく。

30分も経つと、雄大な稜線が完全に姿を現しました。

f:id:trailtravel:20200809013119j:plain

これは来た道を振り返った風景です。

暗闇の中で気づきませんでしたが、群馬県側は切り立った断崖です。

こんなところを歩いてきたのか・・・

 

5時30分にはエビス大黒ノ頭に到着。

f:id:trailtravel:20200809211903j:plain

ここまでくれば谷川主脈の終点、平標山までは、あと2時間ほどの距離です。

夜明け直後の風が、尾根を爽やかに吹き渡っていました。

そして目の前に広がるのは、どこまでも続く稜線

f:id:trailtravel:20200809212430j:plain

最高のトレイル歩きが待っています!

さあ、先へ進みましょう!

 

ここは天国か 平標山

エビス大黒ノ頭を下ると、避難小屋があります。

f:id:trailtravel:20200809213025j:plain

谷川主脈の4つの避難小屋の中では、最も小さな小屋

山と高原地図」では3人収容と書かれているが、2名が限度のような気も。

小屋後方の頂は、200名山でもある仙ノ倉山です。

仙ノ倉山の後方には、抜けるような青空が広がっていました。

 

仙ノ倉山までの尾根は広く、お花畑になっています。

f:id:trailtravel:20200809214448j:plain

数時間前までの不安な暗闇がウソのよう。

気持ち良く登っていきます。

大障子避難小屋を出発してから、約5時間後の6時50分、仙ノ倉山に到着

f:id:trailtravel:20200809214826j:plain

開けた広い山頂で、前周に眺望が得られます。

山頂から西には、平標山までの道が鮮やかに続いていました。

f:id:trailtravel:20200809215826j:plain

エビス大黒ノ頭までの峻険な稜線とは一転、

優しくなだらかな尾根。

平標山のふもと直下には、一直線に木道が伸びていました。

f:id:trailtravel:20200809221826j:plain

平標(たいらっぴょう)という名の通り、平らでおおらかな風景

(*´Д`) 気持ちいい!

これまでの厳しい道を思うと、まるで天国のよう。

山頂までの真っ白な木段は、天国への階段

f:id:trailtravel:20200809222544j:plain

何とすばらしい道でしょう。

進むのが、もったいなくなるくらいの美しさ。

少し足を止め、景色を目に焼き付けましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次回は、平標山の家へと下り、三国峠へと向かう旅のことを書きますね。

それでは、また。

(*´Д`)ノ バイバイ

どうぞポチリとお願いします!⤵

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へにほんブログ村

徒歩の旅ランキング










 

 

大障子避難小屋の夜 ぐんま県境稜線トレイル④

f:id:trailtravel:20200731230517j:plain

(写真:大障子避難小屋)

どうぞ読者に!⤵

みなさん、こんにちは。

(;゚Д゚)・・・

2019年8月11日のぐんま県境稜線トレイルの続きです。

前回は、谷川岳肩ノ小屋から谷川主脈に足を踏み入れたところまで書きましたね。

前回の旅はコチラ⤵

谷川岳肩ノ小屋から平標山に至る尾根は、谷川連峰の主脈を形成する雄大な稜線です。

しかし、この間に有人小屋は一つもなく、水場も1カ所しかありません。

今回の旅では、大障子避難小屋で夜を過ごし、夜明け前に出発することとしました。

計画の詳細はコチラ⤵

f:id:trailtravel:20200717230308j:plain

この谷川主脈稜線は、ルートとしては厳しい条件。

登山者の姿を、この稜線に入ったとたん、全く目にしなくなりました。

谷川岳までは、あんなに多くの人がいたのに。

周囲は人の気配のない、完全な静寂が続きます。

霧も深くなってきて、いやおうなしに孤独感が募る・・・

加えて、日中の暑い日差しにやられ、かなり体力を消耗してしまいました。

軽い熱中症になったようで、今もまだ強い眠気が残っています。

そんななかで、次第に夕刻が迫ってくるわけですが、どんな旅となるのでしょう。

それでは、旅を続けましょう!

 

まだか大障子避難小屋

肩ノ小屋から1時間近く歩きましたが、霧が晴れる気配がありません。

むしろ、次第に濃くなってきたような気がします。

f:id:trailtravel:20200714002415j:plain

鋭い稜線の両側が霧に閉ざされ、静寂があたりに満ちてくる。

なにやら異世界に迷い込んだような雰囲気です。

f:id:trailtravel:20200731214153j:plain

死後の世界というのがあるなら、こんな感じかな、とも思ったりします。

いやいや、そんな気味の悪いことを考えるのはよそう!

気分を変えようと歌を歌いますが、かえって寂しさが増す感じなので、すぐに止めてしまいました。

時間計算的には、大障子避難小屋まではあと1時間ほど。

早く着かないかなぁ・・・

 

と思っていたら、急峻な鎖場が出現

f:id:trailtravel:20200731215202j:plain

なかなか速度を上げさせてくれません。

そうこうしながら進んでいくと、ようやくオジカ沢の頭に到着

16時ちょうどでした。

f:id:trailtravel:20200731215518j:plain

コースタイムでは、ここから大障子避難小屋までは1時間

どう遅れても、明るいうちには到着できそうです。

といっても、やはり一刻も早く着きたい。

休むことなく先へ進みます。

ここからは稜線が丸く、広くなってきて優しい感じに。

しかし、こういったのっぺりとした尾根は道を迷いやすい。

f:id:trailtravel:20200731220102j:plain

霧も濃くなってきたなぁ・・・

まだ着かないのか、とムダに気持ちが焦りました。

オジカ沢の頭には避難小屋があります。

f:id:trailtravel:20200731221512j:plain

ちょっと中を覗いてみましょう。

f:id:trailtravel:20200731221606j:plain

決して広くはないです。

詰めれば4人は入れるけれど、だいぶキツイかな。

一瞬、今日はここで休もうかとも考えましたが、翌日の行程を考えると少しでも先に行かなければ。

さらに進みます。

f:id:trailtravel:20200731223023j:plain

( ;´Д`) まだ着かぬ・・・

さらに進みます。

f:id:trailtravel:20200731223130j:plain

;つД`) まだかな・・・

また眠くなってきました。

はやく着きたい。

そう思いながら登ります。

すると、そこが小障子の頭でした。

f:id:trailtravel:20200731223519j:plain

大障子避難小屋は、ここを下ったところにあります。

ようやく(ほぼ)到着!

時間は16時30分。

オジカ沢の頭からたった30分の距離なのに、何と遠く感じたことか・・・

 

命の水を求めて

さて、避難小屋の手前に、この稜線唯一の水場があります。

ここで水を補給しておかなければ、明日大変なことになってしまう。

今日は暑かったので、かなり水を飲んでしまったのです。

疲れてはいましたが、避難小屋に入る前に水場へ行っておきましょう。

枯れていないといいのですが・・・

 

稜線を離れ、南側の斜面を下ります。

振り返ると、尾根が霧に隠れていく。

f:id:trailtravel:20200731224311j:plain

帰りに迷わぬよう、何度も振り返り地形を記憶しておきます。

かなり急な斜面を下り、どんどん谷のほうへと降りていく。

f:id:trailtravel:20200731224907j:plain

標高が下がったのでガスは取れましたが、あまりに下がるので不安になってくる。

踏み跡も不明瞭。

10分も下り続け、もう引き返そうと思った時、水音が聞こえてきました。

どうやら、あの笹薮の中のようです。

f:id:trailtravel:20200731225232j:plain

すると、案の定、笹薮の中にかすかな流れが・・・

(; ' ∀ ') あった!

f:id:trailtravel:20200731225450j:plain

よかった!

好天が続いていたので、水量はかなり乏しくなっていました。

それでもしっかりと水は流れている。

ありがたい!

これまで節約のため、チビチビとしか水を飲めなかったので、まずは思いっきり喉を鳴らし水を飲む。

生き返る! 

まさに命の水!

そして目いっぱいに水を補給しました。

 

避難小屋の夜

渇きをいやし、無事に水を補給できました。

あとは避難小屋に入るだけです。

もと来た道をたどり、急坂を登り返して稜線に戻りましょう。

f:id:trailtravel:20200731230334j:plain

迷うことなく尾根に出ることができました。

すると、霧の中に大障子避難小屋が姿を現します。

f:id:trailtravel:20200731230517j:plain

とうちゃーく!

( * ´Д`) ホッ・・・

f:id:trailtravel:20200731230710j:plain

時間は17時10分。

これで本日の行程は終了。

どうやら先客はないようです。

f:id:trailtravel:20200731231003j:plain

先ほどのオジカ沢の頭避難小屋より、はるかに広く快適です。

ポリ袋にゴミが放置してあったのは残念。

回収できるものは、僅かながらですが回収しておきました。

 

汗で濡れた衣服を着替え、寝袋を展開し終わると、食事です。

小屋にあった折り畳み椅子を外に出し、ゆったりした気持ちで一息つきました。

f:id:trailtravel:20200731231821j:plain

次第に、稜線は深い霧に沈み始めます。

f:id:trailtravel:20200731232148j:plain

食事を終えても椅子に座ったまま、夜がやってくるのを待つ。

そしていつしか、あたりは一面の闇に包囲されていきました。

f:id:trailtravel:20200731232733j:plain

物音ひとつしない漆黒の闇

そろそろ眠ることにしましょう。

明日は今回の旅で最も厳しい行程です。

計画では平標山から三国峠へ下り、ムジナ平まで行かなければなりません。

もう一度ルートのおさらい⤵

f:id:trailtravel:20200717230308j:plain

計画では朝の3時に出発する予定でしたが、今日のスピードを考えると、もう少し早く出たほうがよさそうです。

明日も熱にやられる可能性があるし。

そう判断して、予定を1時間早め午前2時に避難小屋を発つことを決心。

寝袋に入ると、疲れていたせいかすぐに眠りに落ちてしまいました

 

・・・・・・

どれくらい眠ったでしょう。

突然、眠りから覚めて目を開きました。

しっかり睡眠をとった手ごたえがあります。

小屋の中は当然ながら真っ暗。

鼻を摘ままれても分からないくらいの深い闇です。

もう一度眠ろうと目を閉じましたが、妙に目が冴えて眠れません。

 

・・・・・・

闇の中で目を開いたまま、5分ほどたったころ、

突然、小屋のスチール製の壁を外側から「ガン! ガン!」と叩く音が。

(3度、規則正しく打つ音が聞こえました)

 

ええっ!
ぼくは驚きのあまり、横になった状態から、文字通り少し飛び上がりました。

小屋は大きなドラム缶のようですから、ビックリするくらい音が響きます。

聞き間違えようもありません。

たしかに、連続して壁を叩く音が聞こえたのです。

 

ぼくは息をひそめ、そのままの姿勢で壁の外の気配を察知しようと努めます。

何かが外にいるなら、足音は聞こえるはずです。

もしかすると、話し声や息遣いが聞こえるかもしれません。

 

とてつもなく緊張した時間が流れます。

しかし、数分待っても何の音もしませんでした。

 

ぼくは意を決して、外を確認することにしました。

もしかすると、要救助者の可能性もあります。

ゆっくりと小屋の扉を開け、外を伺いますが、何の気配もありません。

外に出て、ライトを点灯してみます。

やはり、何の姿もありません。

小屋の周囲を確かめてみますが、動物の足跡もありませんでした。

 

霧はすっかり晴れて、きれいな月が出ています。

f:id:trailtravel:20200731235828j:plain

時計を見ると、22時20分でした。

 

ちなみに、ぼくはあまり幽霊のようなものは信じていません。

ただ驚いたという事実をそのまま書きました。

今回の音も、そもそも心霊現象のようなものとは思っていないのです。

恐れたのは、悪意のある人間が小屋に来たのではないかということでした。

後に考えてみたのですが、あの音は、甲虫のような硬さのある虫が、壁にぶつかったのではないでしょうか。

不安な精神状態のせいで実際以上に音が大きく聞こえたのでしょう。

なので、これからこの山域に入る人は、どうか変に恐れることなくこのルートを楽しんで貰えればと思います。

しかし、それにしては音が規則的だったような気もしますが、いずれにしても不安な夜の出来事でした。

 

まだ出発までには数時間あります。

もう少し眠っておきましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次回は夜の稜線歩きと夜明け、そして平標山のことを書きますね。

次回の旅はコチラ⤵ 


それでは、また。

( ;´Д`) バイバイ

どうぞポチリとお願いします!⤵

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へにほんブログ村

徒歩の旅ランキング








 

谷川主脈の孤独な稜線 ぐんま県境稜線トレイル③

f:id:trailtravel:20200714002415j:plain

(写真:谷川岳から万太郎山へと続く稜線)

どうぞ読者に!⤵

みなさん、こんにちは。

(*´Д`)ノ

ぐんま県境稜線トレイルの旅の続きです。

前回は、谷川岳馬蹄形を終了したところまで書きましたね。

前回の記事はコチラ⤵しかし、馬蹄形は全長100kmに及ぶぐんま県境稜線トレイルの、ほんの玄関口。

f:id:trailtravel:20200613215316j:plain

この雄大なトレイルが真の姿を現すのは、実は谷川岳から先なのです。

谷川岳肩ノ小屋から万太郎山、そして平標山(たいらっぴょうやま)へと続く縦走路。

これは谷川連峰の主脈を構成する雄大な稜線です。

この長い尾根には有人小屋は一つもなく、水場も一カ所しかありません。

さらに、平標山から白砂山までは避難小屋すらない空白地帯・・・

この厳しいトレイルを歩くことができるのか?

(;´・ω・) 不安・・・

馬蹄形から2年が過ぎた2019年の夏

心と物の準備を整え、いよいよ残りの稜線トレイルに挑戦することにしました。

果たして、どんな旅になるのでしょう?

 

旅の計画を練る

まずは山地図を広げ、旅の行程を考えます。

前回は谷川岳肩ノ小屋から稜線トレイルを離れ下山しているので、まずはそこまで戻らなくてはいけません。

交通機関の乗り継ぎを考えると、どうしても肩ノ小屋への到着は昼過ぎ。

その時間だと、ちょうど万太郎山手前の大障子避難小屋で夜を越すことになります。(1日目)

f:id:trailtravel:20200717230308j:plain

翌朝は最大の難所。

平標山のふもとに山小屋があるだけで、あとは野反湖まで避難小屋すらない。

しかしその途中、唯一水場のあるムジナ平という場所があり、2日目はここで野営

3日目は、赤石山のふもとに四阿のある休憩所があるようなのでそこで野営

4日目は万座温泉を越えた毛無峠で野営

最後の5日目、四阿山に登り、鳥居峠に下って終了

 

このように計画を練ってみましたが、かなり厳しいルートです。

大きなワクワクと不安。

ザックにたっぷりの水と食料を詰め込み、2019年8月10日に出発しました。

 

早くも消耗の天神尾根

電車とバスを乗り継ぎ、やってきました谷川岳ロープウェイ乗り場

トイレを済ませてゴンドラに乗り込んだのが11時45分f:id:trailtravel:20200721003037j:plain

機械の力は素晴らしい。

ぐんぐんと高度が上がっていく。

あっという間に標高1320m、天神平に到着です。

f:id:trailtravel:20200721003346j:plain

設置されている鐘には、「ぐんま県境稜線トレイル開通記念」と書かれていました。

いよいよ、5日にわたる縦走の旅のはじまり!

ザックのひもを締めなおし、いざ出発!

時刻は12時ちょうどでした。

天神平を後にしてしばらくは、整備された木道が続きます。

f:id:trailtravel:20200721004235j:plain

熊穴沢の避難小屋までは楽ちん。その後は岩がちの急登に。

f:id:trailtravel:20200721215429j:plain

ザックが重い・・・おかしいな・・・

この前の馬蹄形でも、こんな状態になりました。

軽い熱中症のような感じ。

(;´Д`) ハアハア・・・

 

この急登エリアを抜けると、肩ノ小屋へと続く見晴らしのいい稜線に出ます。

f:id:trailtravel:20200721220221j:plain

しかし、体調は最悪の状態。

頭がぼうっとして、激しい眠気が襲ってくる。

子供に抜かれるほど、歩みが遅くなっていました。

どうしようもないので、少し広くなった道の脇で座り込んで休憩

肩ノ小屋はすぐそこなのですが、目をつぶって少し眠ります。

 

本当にこんな体調で行くのか・・・・?

今回はやめた方がいいんじゃないだろうか・・・

 

きっと、これからの稜線トレイルが不安だったのでしょう。

頭の中は早くも、旅を止めることばかり。

こんな気持ちになったのは初めてでした。

 

肩ノ小屋ふたたび

 

しかし、休んでいると眠気も取れ、少し頭がハッキリしてきました。

立ってみる。どうやら力も蘇ったようです。

再び登り始め、14時5分に谷川岳肩ノ小屋に到着

f:id:trailtravel:20200721223650j:plain

これまでの晴天から一変、薄くガスがかかっています。

ここまで来たら、せっかくですから谷川岳の山頂まで行ってみましょう。

谷川岳は二つの山頂を持つ双耳峰で、それぞれオキ・トマの耳と名がついています。

まずはトマの耳

尾根沿いにガスが広がっていて、山頂は被っています。

f:id:trailtravel:20200727225833j:plain

そしてトマの耳に到着

f:id:trailtravel:20200722001548j:plain

真っ白で何も見えません。

オキの耳方向の稜線も、ガスがかかっていますが、ここまで来たら行ってみましょう。

そしてオキの耳到着。

f:id:trailtravel:20200722001734j:plain

ここも真っ白です。

この時、時刻は14時30分。

少し時間を使いすぎてしまいました。急いで戻りましょう。 

15時前に肩ノ小屋に戻ると、霧がさらに濃くなってきました。

f:id:trailtravel:20200727223634j:plain

霧のせいでしょうか、これから先への不安が募ります。

 

谷川主脈の孤独な稜線

 

ここから大障子避難小屋までは2時間ほど。

不安とはいえ、あまり休んでいる時間はありません。

幸い、暑さが薄れたので体力は少し回復。

ということで、気を取り直し谷川主脈の稜線へと足を踏み入れました。

 

f:id:trailtravel:20200729224402j:plain

肩ノ小屋からの広々とした下りを過ぎると、人気のない尾根歩きとなります。

登山者で賑わっていた谷川岳の周辺が嘘のような雰囲気。

f:id:trailtravel:20200729224800j:plain

人の気配はおろか、何の物音も聞こえない。

自分の足音だけが響く、気味悪いほどの静寂

道標があるとほっとしますが、それがなお一層の孤独感を募らせます。

f:id:trailtravel:20200729225135j:plain

山で見かける古びた人工物は、時に不気味に感じられたりしますよね。

f:id:trailtravel:20200729225453j:plain

さらに尾根を西に。

肩ノ小屋から1時間30分ほど歩くと、完全に深山の雰囲気となります。

f:id:trailtravel:20200714002415j:plain

霧は徐々に濃くなってきたような気がします。

時間は16時前。

孤独な稜線・・・

この広大な山域に、ぼくはただ一人。

そう考えると、キュッと身が引き締まり、奇妙な高揚感を感じる。

やっぱり、ぼくは孤独体質なんですよね。

果たして、この先には何が待っているんだろう。

掻き立てられた冒険心に背を押されて、さらに稜線を進んでいくのでした。


 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

さて、次回は一日目の夜、そしてそこで起きた奇妙な出来事を書きますね。

次回の旅はコチラ⤵ 

 

それでは、また。

;つД`) バイバイ・・・
 

どうぞポチリとお願いします!⤵

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へにほんブログ村

徒歩の旅ランキング

 

 

 

 

  

 

谷川岳馬蹄形の完成 ぐんま県境稜線トレイル②

f:id:trailtravel:20200701221852j:plain

(写真:谷川岳から天神平への下り)

どうぞ読者に!⤵

みなさん、こんにちは。

( ;´Д`)ノ

ぐんま県境稜線トレイルの旅の続きです。

この100kmに及ぶトレイルは大きく5つのエリアに分かれています。

f:id:trailtravel:20200613215316j:plain

群馬県境に沿い、そのほとんどが稜線という日本でもまれなロングトレイルです。

前回の記事は、その一番最初の部分、谷川エリアの谷川岳馬蹄形として知られる逆U字型の稜線を、清水峠まで進んだところまで書きましたね

前回の記事はコチラ⤵

 

土合橋駐車場2017年の6月17日朝4時30分に出発し、馬蹄形の中間点となる清水峠に到着したのが9時25分。

詳細図はコチラ⤵

f:id:trailtravel:20200702224454j:plain

天気は朝から快晴で、日差しはかなり暑い。

かなりのスピードで登ってきたせいか、清水峠に到着したころにはかなりバテてしまいました。

果たして無事に馬蹄形を完成させることができるのでしょうか?

それでは、旅を続けましょう。

 

雪を越えて蓮峠

これまでの快晴が一転、清水峠ではガスが出てきました。

f:id:trailtravel:20200702215400j:plain

しかし、 暑さに参っていたぼくにとっては、このガスは幸い。

元気満タンのFさんを待たせ、避難小屋の軒先で一休みです。

足もとのお花を見つめ、しばし佇む・・・

f:id:trailtravel:20200702220239j:plain

お花はイイなぁ・・・・ 

などと考えつつ、残りの行程を計算してみる。

すると天神平まではコースタイムで8時間以上

今は9時30分だから、それでいくと到着は18時前

天神平から下るケーブルカーの最終はたしか17時だったなぁ。

とすると、引き続きそれなりの速度で行かないとなぁ・・・

(´・ω・`)・・・

 

ということで、再び馬蹄形を再開!

5分ほど休憩したので、少し体力も蘇ってきた!(気がする)

清水峠を時計の12時とすると、次の七ツ小屋山は11時、蓮峠は10時ぐらいの位置かな。

ちなみに谷川岳は7時ぐらいの位置

七ツ石小屋山までの稜線は、北側吹きっさらしの尾根です。

するとやはり現れました、残雪の急斜面・・・

f:id:trailtravel:20200702230104j:plain

6月半ばとはいえ、まだまだ雪は残っています。

涼しいのは有難いですが、やはり急斜面はつらい。

足もとに気をつけて、ゆっくり登りましょう。

七ツ小屋山を越えると、再び南向き斜面に 。

すると、手のひらを返したかのように、初夏の尾根道に変わります。

f:id:trailtravel:20200702230805j:plain

手前に見えるのは蓮峠蓮ヒュッテ

ガスも取れて青空が再び見えてきました 。

 

茂倉岳まで 最高の稜線歩き

この付近は眺望も抜群、かつ歩きやすい尾根なので、馬蹄形でも最高のトレイルです

ぼくも疲れが急に吹っ飛んで、気持ちよく尾根歩きを楽しめました。

蓮峠には10時40分に到着。

清水峠で休んでから間もないので、ここでは特に休憩することなく道を続けます。

 

さて、馬蹄形の最高の稜線歩きを楽しみましょう。

どこまでも続く、ひろーい稜線

f:id:trailtravel:20200702232755j:plain

見てください、この広々とした尾根!

官能的な曲線のライン!

やがて稜線の向こうに、谷川岳が見えてきます。

f:id:trailtravel:20200702233909j:plain

(*´Д`)うわー! すごい!

最高の稜線でしょ!

どこまでも続く見晴らしの良い道

これは本当に絶景ですよ。

現金なもので、いきなり疲れも吹っ飛びます。

気分が上がると天気も上がる!

いつしか稜線上は雲が取れ、さわやかな青空が広がっていました。

f:id:trailtravel:20200704114238j:plain

波打つように登り下りを繰り返しながら、はるかかなたまで伸びていく稜線。

気持ちいいー!

 

しかし、ガスが取れると再び気温がグングン上昇

そのせいか、急に体が重くなってきます。

ちょっと疲労が戻ってきたかな。

依然として元気いっぱいのFさんには先に行ってもらい、少しスピードを落として進むことにします。

疲れはあるけど、この絶景の稜線を見ながら進むのは楽しい。

f:id:trailtravel:20200704114433j:plain

茂倉岳の手前で、今日初めて他の登山者とすれ違いました。

みんな笑顔で、誰もがご機嫌だった。

f:id:trailtravel:20200704114921j:plain

この極上の稜線を、この好天のもと歩くのですから、みんな幸せ。

挨拶をかわしつつ、お互い笑顔ですれ違いました。

そして、ここを登ると12時55分、茂倉岳山頂に到着。

f:id:trailtravel:20200704115535j:plain

山頂ではFさんが待っていてくれました。

ちょうどその時、オバサマさまたちが2人谷川岳方向からやってきます。

キャピキャピと笑いあって、とても楽しそう。

これからお昼にするとのことで、2人はザックからお弁当を取り出します。

そしてなんと、ぼくたちに甘くて酸っぱいサクランボをおすそ分け!

( * ´ω`) なんとおいしい!

疲れた体に、ほのかに冷たいサクランボが染み渡る。

思えば、朝からろくなものを食べていないのです。

本当においしくて、身体が震えるほどでした。

オバサマたちはそんなぼくの姿を見て、また笑います。

ぼくたちも、2人が楽しそうに笑うので、楽しい気持ちになってくる。

山では、こんな感じの明るい女性に出会うことが多いですが、この日であったオバサマたちはこれまでであった誰よりも明るくて、本当に楽しそうで、幸福感がとても伝わってきましたよ。

絶景の稜線を歩き、幸せそうな人の笑顔を見る。

本当に素晴らしい時間でした・・・

 

そして谷川岳

茂倉岳から谷川岳(オキの耳)までは、一ノ倉岳を挟み1時間ほど。

いよいよ馬蹄形の旅も最終区間です。

オバサマたちに別れを告げ、13時10分に茂倉岳を出発

まずはもっさりと雪を乗せた尾根道が見える。

このピークが一ノ倉岳です。

f:id:trailtravel:20200704122201j:plain

一部分だけ残る雪が、まるでケーキに乗ったクリームみたいだなー

(*´Д`) うまそうだなー

空腹のせいか、そんなことをのんきに考えていたら、意外に急な登りでした。

f:id:trailtravel:20200704123433j:plain

少し足場の悪い場所も。

f:id:trailtravel:20200704123552j:plain

 

こうして一ノ倉岳を越えると、ようやく間近に谷川岳の姿が。

f:id:trailtravel:20200704124038j:plain

この荒々しく切れ落ちた岩壁

そして、シャープにエッジがきいた稜線

馬蹄形のこれまでの山々とは違って、ピリッとしたオーラが伝わります。

崖のような岩場も出現

f:id:trailtravel:20200704133806j:plain

先ほどまでの滑らかに優しい広い尾根とは、すっかり様相が変化

馬蹄形の内側、稜線の東側には切り立った崖

f:id:trailtravel:20200704134308j:plain

さすが谷川岳

尾根筋の道も、細くゴツゴツした様相に。

f:id:trailtravel:20200704134840j:plain

いよいよ山頂が手の届くところに。

と、思っていたら、鳥居が出現しました。

f:id:trailtravel:20200704135047j:plain

山で鳥居が出現したら、それはもう山頂

そのすぐ上が、谷川岳山頂の「オキの耳」です。 

f:id:trailtravel:20200704183655j:plain

時間は14時10分でした。

土合橋駐車場を4時30分に出発したので、10時間弱でようやく到着

疲れはありましたが、山頂からの絶景がそれを上回る喜びを与えてくれます。

素晴らしい稜線トレイルの最後に、たどり着く谷川岳の山頂

その充実感は、何ものにも替え難いものがありましたよ。

 

馬蹄形の完成 天神平へ下る 

さて・・・

10分ほど眺望を楽しみ、いよいよ最後の行程に出発

充実しすぎたせいか、オキの耳以降はかなりのガス欠状態に陥ります。

ご存じのように、谷川岳は二つの山頂を持つ双耳峰

オキの耳(1977m)の隣にはトマの耳(1963m)という、もう一つの山頂があります。

これです。

f:id:trailtravel:20200704185620j:plain

トマの耳方向へ行かなければ天神平にも下れないので、この稜線を進みます。

しかしながら、尾根道の直上にあるトマの耳へはもう登る気がしない・・・

ということで、トマの耳はパスしてそのまま稜線を直進しました。

( ; ´Д`) 体が重い・・・・

まあ、オキの耳には登ったからいいだろう・・・

ということで、谷川岳肩ノ小屋に到着

腕の時計は14時45分を指しています。

f:id:trailtravel:20200704190432j:plain

オキの耳から肩ノ小屋までの標準タイムは10分ほど。

それに比べて25分ぐらいかかっているので、いかに疲れていたかよくわかる。

( ´ Д`) ハァハァ・・・

ところで、この写真の右には平標山に続く新潟県沿いの稜線が続いています。

これが、馬蹄形に続くさらなるぐんま県境稜線トレイル

しかし、今回はここまで。

あとは天神平へと下ります。

 

あとは下るだけ、と思いきや最後に難所

肩ノ小屋からの下り、残雪の積もった長く急な下りです。

f:id:trailtravel:20200704204100j:plain

結構滑ります。

やはりこの時期でも軽アイゼンは必要ですね。

振り返ると、白い急登の背後に青い空

f:id:trailtravel:20200701221852j:plain

ここを渡りきると、その後は長い下りが続く。

しかし、この辺りでぼくの気力も終了。

写真を撮る気力もなく、ただただひたすら下り続けます。

1時間ほど下り、ようやく天神平ロープウェイ乗り場が見えてきました。

f:id:trailtravel:20200704211435j:plain

時間は15時55分

ロープウェイの最終時刻まで1時間の余裕を残して到着です。

これにて、馬蹄形は完成

(Fさんはさらに田尻尾根を下り完全に一周したかったようですが・・・)

(; ´ ∀`) ホッ

文明の利器はすごい。

あっという間に、土合口に到着

f:id:trailtravel:20200704212233j:plain

ここから土合口駐車場までは歩いて10分ほど。

16時40分過ぎ、無事にスタート地点に戻ってきました。

約12時間の旅はこれにて終了

かなり疲れはしましたが、素晴らしい稜線の旅でした。

 

さて、次回のぐんま県境稜線トレイルの旅は、谷川岳肩ノ小屋から西に伸びる稜線。

それが再開されるのは、2年後の2019年夏となるのですが、それはまた次回に。

次回の旅はコチラ⤵

それでは、また。

(^ω^)ノ

どうぞポチリとお願いしますっ!⤵

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へにほんブログ村

徒歩の旅ランキング