ロングトレイルの旅   関東ふれあいの道一周

1都6県をつなぐ自然歩道「関東ふれあいの道」1800Kmを一周するりゅうぞうのブログです。

急登越えて清水峠 ぐんま県境稜線トレイル➀

f:id:trailtravel:20200618004000j:plain

(写真:朝の谷川岳

どうぞ読者に!⤵

みなさん、こんにちは。

(^ω^)ノ

前回はぐんま県境稜線トレイルについてご紹介しましたね。

前回の記事はコチラ⤵


谷川岳から四阿山まで、群馬と新潟・長野の県境稜線をつなぐ全長100kmのロングトレイル

f:id:trailtravel:20200613215316j:plain

このロングトレイルを本格的に旅しようと思ったのは2019年の夏ですが、それに先立つ2017年の6月に、このルートのスタート部にあたる谷川岳馬蹄形の縦走を行いました。

まずは2017年に遡り、ぐんま県境稜線トレイルの旅を始めます

 

谷川岳馬蹄形とは、湯檜曾川を逆U字型に取り囲む稜線をつなぐルートです。

馬の蹄に形が似ているので馬蹄形。

f:id:trailtravel:20200702224454j:plain

今回は土合橋駐車場に車を停め、ここからスタート。

ぐるりと反時計回りに馬蹄形を進み、ロープウェイ天神平駅で終了。

そこからはロープウェイに乗って下山し土合橋駐車場に戻ります。

ちなみに、ぐんま県境稜線トレイルは、この通り馬蹄形を進んだ後、さらに肩ノ小屋から西に万太郎山方向の稜線へと続いていきますよ。

ということで、2017年6月17日の旅の記録です。

 

急登続く白毛

馬蹄形の旅は、山友&飲友のFさんと一緒です。

夜に都内某所で待ち合わせ、ぼくの車で土合橋駐車場へ向かう。

真夜中に駐車場に到着した後、朝まで車内で仮眠し、4時30分より登山開始

登山口入り口には、馬蹄形の概要図が大きく掲示されています。

f:id:trailtravel:20200626232148j:plain

なかなか長い道のりです。

一日で回る計画ですが、明るいうちに終わるでしょうか。

ちょっと心配・・・

登山口には、手すりが曲がった橋が架かっています。

不安な気持ちはあるけれど、ここを越えたらもう旅のはじまり。

振り向かずに行くよ!

 

と、気合が入るのですが、それを打ち砕くいきなりの急登

f:id:trailtravel:20200626234624j:plain

まだまだ始まったばかりですが、息が上がってきます。

茂みの中を息を切らし1時間ほど登ると、次は岩場の急登が出現

f:id:trailtravel:20200626234522j:plain

( ;´Д`) ハアハア・・・

いかん、疲れが・・・

まだ1時間ほどしか登っていないのに、この疲れは何? 

この日は朝から素晴らしい晴天

谷を挟んで見える谷川岳が見事です。

f:id:trailtravel:20200627000548j:plain

素晴らしい好天ですが、日差しも強烈

6月とはいえ、朝から気温がグングン上がっている。

この疲れは熱のせいかな? もしかして熱中症

ちょっと気になる・・・

 

岩場を登ると、ようやく白毛への尾根線が確認できました。

f:id:trailtravel:20200627001459j:plain

なんだ、すぐそこ・・・なのかな?

予感通り、まだまだ続く急登

f:id:trailtravel:20200627002124j:plain

しかも崖っぽくなってきた・・・

;つД`) くくっ・・・

しかし、ぼくの疲労をよそに、容赦なく続く急登

f:id:trailtravel:20200627002853j:plain

ハアハア・・・

だいぶ高度感も出てきました。

f:id:trailtravel:20200627123312j:plain

これを越えれば・・・・また、急登っ!f:id:trailtravel:20200627003357j:plain

(;´∀`) 崖だコレ・・・ハハハ

 

しかし何事にも終わりはあるもの。

出発から約2時間後の6時25分、ようやく白毛に到着

f:id:trailtravel:20200627004705j:plain

山と高原地図のコースタイムでは、この区間3時間30分

これを2時間で登ったのですから、かなり疲労が・・・

それもこれも、一緒に登っているFさんのペースが速すぎる!

しかし白毛は馬蹄形のほんの入り口。

これからどうなってしまうのか・・・

 

笠ヶ岳から朝日岳

 

白毛は標高1720m

土合橋辺りは700くらいだから、1000mほど登ったことになります。

さすがに見晴らしは最高

登ってきた尾根を振り返ると、薄い雲海の上に群馬の山々が頭をのぞかせています。

f:id:trailtravel:20200627124150j:plain

日差しはやはり激しいですが、雄大な景色に疲れを忘れます。

しばし白毛門山頂で眺望を堪能しつつ、体力を回復

ここからは馬蹄形の本番

アップダウンはありますが、基本的に円形の稜線をぐるりと回る尾根歩きです。

まずは白毛門のすぐ北に待つ笠ヶ岳へと向かいましょう。

美しい稜線が北へ伸びています。

f:id:trailtravel:20200627124917j:plain

いよいよ、長い長い稜線の旅のはじまり!

一部の山腹に雪は残っていますが、稜線上はすっかり夏のトレイル。

f:id:trailtravel:20200627130826j:plain

笹に覆われた広い稜線上の一本道をたどっていきましょう。

山巓の強烈な日差しを浴びて、熊笹がキラキラと輝きます。

f:id:trailtravel:20200627131157j:plain

道がしっかりとついているので歩きやすいです。

スピードを落とさずに進み、7時5分に笠ヶ岳到着

f:id:trailtravel:20200627131532j:plain

標高は1852m

1977mの谷川岳と肩を並べる高さになってきました。

改めて感じますが、どちらを向いても絶景!

本当に素晴らしいトレイルです。

次はさらに100mほど標高の高い朝日岳が北にそびえています。

f:id:trailtravel:20200627131935j:plain

手前に見えるのは笠ヶ岳避難小屋

土合橋の登山口から清水峠の間の唯一の小屋になります。

谷川岳馬蹄形は西側は小屋も水場も多いのですが、東側は避難小屋、水場、エスケープルートそれぞれ一つしかないので、ここを歩く際には準備と体力が必要です。

 

しばらく緩やかな登りが続きましたが、朝日岳の直下は割と急な登りに。

f:id:trailtravel:20200627132934j:plain

しばらく忘れていましたが、ここに来て再び疲れを感じます。

それでも、今日の道のりのことを考えると、あまりスピードは落とせない。

ひと頑張りして、朝日岳山頂には8時ちょうどに到着

f:id:trailtravel:20200627133251j:plain

山頂には、かわいい仏像が祀られていました。

これまでの登山の無事を感謝し、手を合わせてお参り。

馬蹄形を時計になぞらえて言うと、ここ朝日岳は2時ぐらいの位置でしょうか。

反時計回りに進んでいるので、次の清水峠は12時の位置

これまで真北に進んできましたが、ここからは北西に向かいます。

 

ぐったりで清水峠

朝日岳からは、なだらかで開けた稜線が広がっている。

正面に見えるのはジャンクションピークという名で、新潟との県境に接する稜線とつながる頂です。f:id:trailtravel:20200627144008j:plain

ぐんま県境稜線トレイルは土合の登山口からスタートですが、四阿山に至る長い県境稜線はあの峰から始まります。

そう思うと、やっぱり雄大ロングトレイルだなあ。

 

この一帯は、木道が整備されていて湿原の雰囲気。

f:id:trailtravel:20200627144636j:plain

地糖も点在していて、高山植物もたくさん生えています。

天井の散歩道といった風情

勾配もほとんどなく平坦です。

少し疲れを感じていたぼくにとっては、ありがたい癒しの道

このまま清水峠まで、この道が続くといいな・・・

 

と思っていたら、次第に尾根が狭くなり、不穏な雰囲気に。

f:id:trailtravel:20200627145103j:plain

;つД`) うう・・・

やがて、道も崩れがちの険しい箇所に。

急斜面を横切るように進んでいきます。

f:id:trailtravel:20200627145704j:plain

前を行くのは友人のFさん。

滑り落ちないように、手も使って歩きましょう。

ここをようやく通り抜けると、目の前に立ちふさがる急登

f:id:trailtravel:20200627145932j:plain

( ;´Д`) うへぇ・・・

なんとなく、朝日岳から清水峠までは下り基調だろうと思っていたので、なかなかメンタルにこたえます。

この時は8時55分。

朝日岳からまだ1時間もたっていませんが、なんだかもっと長く歩いた気がする。

しかも、急に眠気を感じるようになってきました。

少し熱にやられたような感じです。

まあ、朝の4時半から、ほとんど休みもせず高速ペースを4時間以上も維持しているので、疲れがかなり出てきました。

 

ハアハア言いながらここを登ると、お次は雪の残るくだり斜面

f:id:trailtravel:20200627150659j:plain

前を行くのはFさんですが、相変わらず元気。

ぼくは暑くてバテてきました。

時々雪を掴んで頭を冷やします。

 

そんなこんなで、ぐったりしながら清水峠に到着したのは9時25分でした。

三角屋根の白崩避難小屋が見えてきます。

f:id:trailtravel:20200627151150j:plain

イヤー疲れた・・・・

土合橋駐車場を4時30分に出発してから5時間

しかし、馬蹄形はここでようやく中間地点。

果たして、この先、大丈夫なのか?

しかしまずは、避難小屋の軒先で休憩

10分ほど眠るよ・・・・

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次回は、馬蹄形後半の旅を書きますね。

果たして、無事に谷川岳を越え、馬蹄形を終了できるのか?

 

それでは、また。

( ;´Д`)ノ バイバイ

どうかポチリとお願いします⤵

 

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へにほんブログ村

徒歩の旅ランキング

ぐんま県境稜線トレイルとは?

f:id:trailtravel:20200604220006j:plain

(写真:仙ノ倉山へと至る稜線)

どうぞ読者に!⤵

みなさん、こんにちは!

(^ω^)ノ

新型コロナウイルスに伴う全国的な緊急事態は解除されましたが、まだまだ油断のならない状況は続きますね。

引き続き、過去のトレイルの旅にお付き合いください。

ということで、前回までの父島の旅に続き、過去のトレイル旅をもう一つ。

父島の旅はコチラ⤵

ぐんま県境稜線トレイルとは?

みなさん、「ぐんま県境稜線トレイル」って知っていますか?

新潟との県境をなす谷川岳から、長野との県境となる四阿山まで。

群馬県の県境部に沿って伸びる全長100kmのロングトレイルです。

f:id:trailtravel:20200613211533j:plain

登山道をつないだ100kmにも及ぶロングトレイルは、日本にも例がありません。

しかもそれが尾根・稜線の道となれば、日本唯一ではないでしょうか。

f:id:trailtravel:20200604223203p:plain

この写真は「ググっとぐんま」公式サイトの「ぐんま県境稜線トレイル」のページのトップです。

どうですか、この広々とした稜線!

見ているだけで、旅に出たくなりますよね。

 

5つのユニークなエリア 

ぐんま県境稜線トレイルは、大きく5つのエリアに区分されています。

f:id:trailtravel:20200613215316j:plain

谷川岳から平標山(たいらっぴょうやま)までの「谷川エリア」

平標山から三国峠白砂山を経て野反湖(のぞりこ)までの「三国・四万エリア」

白砂山から万座温泉までの野反湖エリア」

横手山から毛無峠を中心とした草津温泉・長野志賀高原エリア」

毛無峠から四阿山(あずまややま)を含む「万座・鹿沢エリア」

各エリアの近傍には、それぞれ特色ある温泉や観光資源があり、トレイル旅+観光が楽しめるようになっています。

これもまた、見逃せない魅力ですよね。

特に野反湖万座温泉はトレイルのまさに路上にあるので、旅の疲れを癒すには絶好の位置にあります。

 

いざ県境の旅へ

実は、このトレイルのことを知る前に、ぼくはこのルートを少し歩いていました。

以前、谷川岳に登った際に「谷川エリア」馬蹄形を通ったからです。

馬蹄形というのは、谷川連峰湯檜曾川を中心にした逆U形の尾根線を言います。

これが馬の足に取り付ける馬蹄の形に見えるので、馬蹄形と呼ばれているのです。

谷川エリアの詳細はこの通り⤵

f:id:trailtravel:20200614001107j:plain

その時は、土合橋駐車場に車を停め、白毛から朝日岳を経て肩ノ小屋まで進み、そこからロープウェイ天神平駅に下ったのでした。

この経路は実は「ぐんま県境稜線トレイル」のルートの一部

ぐんま県境稜線トレイルは肩ノ小屋から西に進み万太郎山方向の尾根に乗るのです。

 

ということは!

意識していませんでしたが、馬蹄形をたどったことで、

すでにぼくは、ぐんま県境稜線トレイルに足を踏み入れている!

となれば、旅を続けなければ!

そう思い立ったのが、2019年の夏。

すぐさま旅の準備を始めましたよ。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次回は、ぐんま県境稜線トレイルの旅を書きますね。

まずは、谷川岳馬蹄形の旅です!

それでは、また。

(^ω^)ノ バイバイ!

どうかポチリとお願いします!⤵

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へにほんブログ村

徒歩の旅ランキング

 

 

 

ジョンビーチ 父島縦走の終わり

f:id:trailtravel:20200513232625j:plain

(写真:中山峠からの太平洋)

どうぞ読者に!⤵

 

みなさん、こんにちは。

(^ω^)ノ

導入編を含め、5回にわたり連載してきた2019年6月の父島縦走の旅

いよいよ今回が最終回です。

前回は、とうとう父島の南部に突入

扇浦海岸からコペペ海岸小港海岸と、美しい砂浜を追って旅をしましたね。

前回の旅はコチラ⤵
今回は、いよいよ小港海岸のさらに南へと向かいます。

中山峠を越え、ブタ海岸そしてジョンビーチ

f:id:trailtravel:20200513234637j:plain

国土地理院HPの地図より加工)

ジョンビーチから先は一般の人は単独で立ち入ることができません。

なので、ジョンビーチからは来た道を引き返し、小港海岸バス停で旅は終了

それでは、旅を続けましょう!

 

絶景! 中山峠

小港海岸バス停は東京都最南端のバス停

f:id:trailtravel:20200510163324j:plain

ここから先はバス停はおろか、車の入れる道も集落もありません。

父島のガイドマップにも「最低2リットルの水を持っていくこと」と書いてある。

ちょっと緊張・・・・

 

バス停の脇に、ジョンビーチへと続く登山道の入り口がありました。

f:id:trailtravel:20200514000025j:plain

入口の脇には靴洗い場があります。

生態系保護のために、出入りする人は靴裏の泥を落とさなくてはいけません。

ぼくもブラシで靴の裏を洗います。

ゴシゴシ・・・

しっかりと土を落として、11時05分に出発。

入口から続く明るい木々のトンネルを抜けると、橋が。

f:id:trailtravel:20200514000417j:plain

いよいよこの先かぁ・・・

少し気を引き締めて、一本橋を渡りました。

(`・ω・´) よしっ!

 

橋を渡ると、まずは緑に覆われた登り。

f:id:trailtravel:20200514001206j:plain

草は多いが、しっかり階段がついています。

ここを登ると、意外にも良く整備された歩道が出現

f:id:trailtravel:20200514001358j:plain

道なき道のジャングルが待ち構えていると身構えていたので、ちょっと安心

次第に高度が上がり、海からの風が心地よい。

f:id:trailtravel:20200514002849j:plain

気持ち良く登っていくと、どうやら尾根のラインが見えてきました。

恐らくこの上が中山峠でしょう。

f:id:trailtravel:20200514001935j:plain

どんな景色が待ってるんだろう。

少しワクワクしながら登っていきます。

そして、稜線の上に出ると、そこには・・・

f:id:trailtravel:20200514002208j:plain

(*´Д`) 絶景!

まるで、海の上を飛んでいるよう!

時刻は11時25分。ここが中山峠です。

とにかく、眺望がすばらしい!

右手には小港海岸

f:id:trailtravel:20200514002726j:plain

左手にはブタ海岸

f:id:trailtravel:20200514003023j:plain

そして正面には大海原に向かって伸びる稜線

f:id:trailtravel:20200513232625j:plain

3方を真っ青な海に囲まれて、尾根歩きができるなんて!

こんな素晴らしい山歩きは、そうそう体験できない。

あまりに美しいので、バス停から30分も経っていませんが、ここで休憩です。

ぼくの訪れたのは真昼でしたが、夕刻なら太平洋に沈む夕日が一望でしょう。

夜なら一面の星が見えるに違いありません

時間さえ許せば、いつまででもいたいと思う場所でした。

 

ブタ海岸へと下る

後ろ髪をひかれつつ、再びザックを背負って先に進みます。

峠を西に進むと、ブタ海岸への降り口が。

f:id:trailtravel:20200514004651j:plain

コペペ海岸もそうでしたが、ブタ海岸も面白い地名です。

まさか、ブタがいたからブタ海岸じゃないだろうね・・・

それは安易すぎる。

しかし、後で調べてみると、なんとその通り、ここでブタが飼われていたのでブタ海岸と名付けられたらしい。

(;´∀`) なんとも・・・

 

10分ほど下ると、海岸の入り口に出ました。

f:id:trailtravel:20200514010047j:plain

ベンチとテーブルが置かれています。

しかし、さすがにここまで来ると、海岸に人の姿はありません。

f:id:trailtravel:20200514010225j:plain

コペペや小港のように白砂の美しいビーチではなく、低い草が黒っぽい砂を覆っていて、野性的な感じのする浜辺

襲っては来ませんが、この湾にはフカやエイがいるらしいです。

f:id:trailtravel:20200514010722j:plain

確かに、これまでの海岸とは異なる雰囲気がありますね。

浜辺の奥に小さな河口がありました。

どうやら、ジョンビーチへの道はこの奥のようです。

f:id:trailtravel:20200514212045j:plain

鬱蒼とした密林に緊張しながら、足を濡らさないよう砂州を渡る。

対岸の崖には、古い銃眼が虚ろに穴をあけていました。

f:id:trailtravel:20200514212716j:plain

さて、いよいよ旅も最後の行程です。

 

ジョンビーチ 縦走の終わり

川の対岸には、草木に覆われた登り口がありました。

f:id:trailtravel:20200514213250j:plain

チラと時計を見ると、11時55分でした。

ここからジョンビーチまでの道のりは2km少々といったところでしょうか。

行きに1h、帰りに1h、遅くとも15時までには戻ってこれるでしょう。

時間はたっぷりです、慌てず行きましょう。

どんどん奥に進んでいっても、道は明瞭です。

f:id:trailtravel:20200514221330j:plain

ややこしい分岐もありません。

これなら迷うことなく行けそうです。

途中には、こんなに立派な休憩所と道標もありましたよ。

f:id:trailtravel:20200514221609j:plain

この休憩所の左手を進むと、高山という山に登ることができますが、とりあえずは右手に向かいジョンビーチを目指しましょう。

引き続き、よく整備された道が続きます。

f:id:trailtravel:20200514223205j:plain

何だか植生もまばらになってきました。

ブタ海岸を後にしてから40分ほど経ったころ、再び海の姿が見え始めます。

f:id:trailtravel:20200514223509j:plain

そろそろ目的地が近づいてきた感じです。

見晴らしの良い場所に出ました。

f:id:trailtravel:20200514223645j:plain

森から出ると、強烈な日差しが降り注ぐ。

海には出ましたが、断崖が続いていて海岸らしきものはありません。

ジョンビーチはもう少し先のようです。

f:id:trailtravel:20200514224325j:plain

崖の上に続く道は、再び深い森の中に入り、徐々に下り始めます。

どうやら、海岸に近づいているのでしょう。

道には次第に巨石が目立つように。

その巨石をくぐるように道が続き、そしてその先に潮の音が聞こえてきました。

岩の向こうに青い海が見えています。

f:id:trailtravel:20200514225043j:plain

この岩を過ぎた途端、急に視界が開けました。

そこには、真っ青な海。

f:id:trailtravel:20200514225639j:plain

 

ついに到着しました。

ジョンビーチ、父島縦走の旅の南端

f:id:trailtravel:20200514225906j:plain

時刻は12時58分でした。

誰もいないビーチに、ただ波の音だけが響く。

絶え間なく潮騒が聞こえるのですが、不思議なことに静かに感じます。

f:id:trailtravel:20200514230722j:plain

海岸線が遠く伸び、海が広がる広大な空間

しかし、自分のほかは誰一人いない。

ぼくは汗で濡れた服を脱ぎ、海に入って泳ぎました。

まるで無人島に漂着したかのような気分

海から陸を見ると、海岸のすぐそばから巨大な岩山がそそり立っている。

f:id:trailtravel:20200514231108j:plain

その風景を見ていると、この世界に自分一人しかいないような気になってきます。

本土から1000km離れた太平洋の島の、さらにその南端でただ一人。

ずいぶん遠くまで来たもんだ。

その圧倒的な距離感と孤独感は、日常では忘れられている生命の強靭さを取り戻させてくれる気がしましたよ。

とても豊かな時間でした。

 

やがて時は過ぎ、人間界に戻る時間がやってきました。

海から上がり、服を着て、もと来た道を引き返します。

時刻は14時の少し前だった気がします。

 

15時10分のバスに間に合うよう、15時ちょうどに小港海岸バス停に帰ってきました。

しかし何と、停留所の時刻表をよく見ると、この時間のバスは平日のみの運行・・・

( ;´Д`) がくり・・・

何かとうまくいかないのが人間界。

1時間ほど蚊に刺されながら次のバスを待ちましたよ。

これにて、父島縦走の旅はおしまい!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次回は、また別のトレイル旅のことを書きますね。

また一緒に旅してください!

 

それでは、また。

どうぞポチリとお願いします!⤵

 にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へにほんブログ村

 徒歩の旅ランキング

砂浜を追って 父島の南へ

f:id:trailtravel:20200509210823j:plain

(写真:コペペ海岸)

どうぞ読者に!⤵

みなさん、お久しぶりです。

;つД`)

前回の記事より3週間が過ぎ、何の記事だか分からなくなってきましたが、2019年6月の父島の旅の続きです。

コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が延長されており、引き続き外出を自粛する毎日が続いていますね。

いつかまた、再び旅を続けられることを願い、今は過去の旅を振り返りましょう。

どうぞ一緒に旅していただければ!

 

前回は島の中央に位置する中央山を下り、ジャングルのような山道を抜け、扇浦海岸まで到達し、ガリガリ君(梨)を食べたところまで書きましたね。

前回の旅はコチラ⤵

www.trailtravel.net

今回は、扇浦海岸を後にし、コペペ海岸小湊海岸と、ビーチを巡る旅のことを書きますね。

ルートの全体像はコチラ⤵

f:id:trailtravel:20200510160900j:plain

国土地理院HP地図をもとに作成)

扇浦からはいよいよ父島南部に突入します。

それでは、旅を続けましょう。

 

コペペ海岸を目指して

扇浦海岸に到着したのは9時50分

f:id:trailtravel:20200418223201j:plain

まだまだ時間的には朝ですが、すでに灼熱の暑さ。

6月というのにさすが父島、日差しの勢いが違います。

出発して以来、5時間ほど進んできたので、ちょっと疲れが・・・

ということで、海岸近くの売店ガリガリ君(梨)コーラを買って少し休憩

f:id:trailtravel:20200418225316j:plain

扇浦から先はいよいよ父島の南部に突入。

地図を見るかぎり、まとまった集落は見当たらない。

ここが最後の補給地点となるかもしれないので、水も買っておきましょう。

 

10分ほど休憩すると体力が復活してきました。

さすがにガリガリ君&コーラの効果は絶大

ということで、コペペ海岸に向かって出発です。

f:id:trailtravel:20200510121416j:plain

まずは、よく整備された道路を進みます。

道路上の標識には「コペペ海岸」の文字が。

それにしても、コペペって変わった地名ですね。

この名の由来は、日本人の定住以前に、太平洋のギルバート諸島から父島に移住していたギルバート・コペペさんにちなむそうです。

父島の無国籍性がここにも。

大洋を通じたダイナミックな人の交流を象徴する地名ですね。

 

やがて道路が少し細くなってきましたが、時々車も通ります。

f:id:trailtravel:20200510123214j:plain

ここから先は下りになっていて、すぐに海辺に到着しました。

時間は10時30分

コペペ海岸の入り口です。

f:id:trailtravel:20200510123532j:plain

 

秘密のビーチ

小さな橋を渡り、砂浜へと入っていきましょう。

そこには、美しいビーチが広がっていました。

f:id:trailtravel:20200510123716j:plain

(*´ω`) おおぉー!

とにかく砂浜が真っ白です!

振り向いても白い砂!

f:id:trailtravel:20200510124204j:plain

海も青い! 

いや、青いというより、グリーンがかかった不思議な色。

キレイだなぁ・・・

しかもこの砂浜は森がすぐ近くまで迫っていて、木陰もたっぷり。

f:id:trailtravel:20200509210823j:plain

木々のシルエット越しに見るビーチがまた美しい!

f:id:trailtravel:20200510134851j:plain

人里から離れているせいか、とても静かです。

まさに秘密の砂浜。

今回の縦走ではすでに、宮之浜鉤浜扇浦海岸そしてこのコペペ海岸と4つのビーチを巡りましたが、どれも異なる雰囲気でした。

宮之浜、鉤浜のビーチの記事はコチラ⤵

この小さな島に、こんなに個性的なビーチがあることに驚き。

この先にもまだ、小港海岸ブタ海岸ジョンビーチと3つのビーチが待っている。

どんな雰囲気の海岸なのか、ますます楽しみになってきました。

 

コペペ海岸の南端に、「小港園地」と記された標識が立っていました。

f:id:trailtravel:20200510142048j:plain

次に目指すは「小港海岸」ですが、恐らくこの方向なのでしょう。

念のため他の道がないか探してみましたが、どうやらこの一本のようです。

茂みの中には、急な階段が待っていました。

f:id:trailtravel:20200510142213j:plain

名残惜しいですが、ここでコペペ海岸とはお別れ。

時間があれば、一日中のんびりと過ごしてみたいビーチでした。

 

登って下って小港海岸

急な階段をせっせと登ると、海を見下ろす崖の上に出ました。

f:id:trailtravel:20200510150925j:plain

崖の上はちょっとした台地になっていて、平坦な道が伸びています。

うねうねと枝を広げる南洋風の木々の中を進む。

f:id:trailtravel:20200510151106j:plain

階段登りで少し疲れたので、このまましばらく平地が続くといいな。

と思いきや、すぐに下りに。

しかも、かなりの角度です。

f:id:trailtravel:20200510151403j:plain

まるで崖を逆落としに下るような急斜面。 

階段がつけられていますが、足元がおぼつかない。

f:id:trailtravel:20200510151603j:plain

崖を降り切ると、そこには古びた橋が。

橋の向こうは、再び登りになっているようです。

f:id:trailtravel:20200510153759j:plain

橋の上から河口側を見ると、タコノキの向こうに海が見える。

f:id:trailtravel:20200510154010j:plain

どうやら河口のあたりも崖になっているようだ。

浜と浜の間は、こういった険しい地形で連接されていて、距離以上に遠く感じます。

コペペ海岸小港海岸は直線距離なら700mほどですが、なかなか着かない。

 

橋を渡ると、予想通り急な階段が出現。

f:id:trailtravel:20200510155128j:plain

(;´Д`)ハアハア・・・

息を切らせて登っていくと、ようやく開けた崖の上に。

眼下に広がるのは、小港海岸に違いない。

f:id:trailtravel:20200510155633j:plain

あとは下るだけ!

 

広い砂浜の小港海岸 

登りが終わりと分かったので、意気揚々と小港海岸へ急ぎます。

気持ち良く開けた道を下っていく。

f:id:trailtravel:20200510161250j:plain

さらに下ると再び森に入ります。

どうやら、道の向こうに平地が見えてきました。

f:id:trailtravel:20200510161439j:plain

トンネルのような森を抜けると、砂浜が見えてきた・・・f:id:trailtravel:20200510162001j:plain

そして・・・

一気に視界が開けます!

f:id:trailtravel:20200510161548j:plain

(∩´∀`)∩ 広い!

小港海岸に到着!

時刻は11時でした。

真っ白な砂浜はコペペ海岸と同じですが、その広さは2倍以上ありそう。

雰囲気も、コペペが秘密のビーチなら、小港はオープンな感じ。

ビーチに沿って広がる林は、公園のようになっています。

f:id:trailtravel:20200510162501j:plain

散策にピッタリの木陰ですね。

まるで外国の公園みたい。

f:id:trailtravel:20200510163013j:plain

海岸を抜けると、バス停がありました。

小港海岸バス停です。

f:id:trailtravel:20200510163206j:plain

東京最南端のバス停と書いてある。

f:id:trailtravel:20200510163324j:plain

たしかに、この先で人が住んでいる島は母島だけですからね。

この後、さらに南へ下ってジョンビーチへ向かいますが、最後はここに戻りバスで大村海岸に帰る予定です。

時間を確かめておかなければ。

3時10分か、4時10分のバスには乗れそうだ。

最終は6時30分。

よほどのことがあっても、これまでには帰ってこれるでしょう。

ということで、さらにジョンビーチを目指して旅を続けます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次回はいよいよ父島の旅も最終回。

縦走の最南端ジョンビーチへの旅のことを書きますね。

次回の旅はコチラ⤵


それでは、また。

(^ω^)ノ バイバイ

どうぞポチリとお願いします⤵

 にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へにほんブログ村

徒歩の旅ランキング

ジャングルからビーチへの道

f:id:trailtravel:20200416223835j:plain

どうぞ読者に!⤵

みなさん、こんにちは。

(^ω^)ノ

新型コロナウイルスの影響で、トレイルの旅も我慢の時期です。

閉塞感のある毎日が続きますが、一日も早い終息を願って。

ということで、せめて過去の旅でもご一緒に。

2019年6月の父島の旅の続きです

前回は、父島の最高峰 中央山に登ったところまで書きましたね。

前回の記事はコチラ⤵
中央山は標高319m。

その名の通り、ちょうど父島の中央に位置しています。

ここでもう一度、コースの詳細を。

f:id:trailtravel:20200329175656j:plain

今回の縦走でも、中央山はちょうど中間地点に位置します。

ここからは一旦山を下り扇浦へ。

その後は島の西側に沿ってジョンビーチまで。

今回の記事は中央山から扇浦までの旅の記録です。

 

ジャングルの森

中央山は標高319mの低山

とはいえ、四周を開けた太洋に囲まれているため、雄大な景色が望めます。

f:id:trailtravel:20200416235518j:plain

時刻は8時50分

大村海岸を出発したのが5時15分だったから、ここまで3時間半ほど。

だいたい計画通りの進み具合かな。

ただし、早朝とは違い次第に日差しが強くなり、気温が高くなってきました。

この先はもう少し時間がかかるかもしれませんね。

10分ほど山頂で景色を楽しんだ後、登山道を逆に下ります。

f:id:trailtravel:20200418142332j:plain

登ってきた道を下り、再び夜明道路に出ました。

なんだか道路わきの植生が密になってきたような気が。

f:id:trailtravel:20200418142514j:plain

夜明道路は扇浦まで続いているので、このままこの舗装道を下るつもりでした。

しかし、しばらく下ると道路の脇に何やら案内板があり、森に入る道が。

f:id:trailtravel:20200418143245j:plain

案内板を見ると、どうやら扇浦まで抜けるトレイルのよう。

奥を覗いてみると、意外としっかりした山道が。

f:id:trailtravel:20200418144214j:plain

舗装道にも疲れてきたところなので、予定を変更して山道を下ることにしよう。

確かに舗装道は歩きやすいのですが、固くて足が疲れるんですよね。

 

山道を進んでいくと、次第に木々が荒々しく枝を伸ばし始めてきました。

f:id:trailtravel:20200418150535j:plain

枝というよりは、まるで絡み合った壁のよう。

やはり南国の気候が植物の成長を促すのでしょうか、すごい勢いです。

植生に押されて、次第に道が不明瞭になってきました。

f:id:trailtravel:20200418152047j:plain

途中、道標がありましたが、何と書いてあるのかよく分からない。

f:id:trailtravel:20200418152426j:plain

まあ、だいたいの方向はわかるので迷うことはありません。

しかし、ますます、森はジャングルになってきました。

f:id:trailtravel:20200418154000j:plain

緑の葉が無数の手のひらのように広がって、行く手を遮る。

その大きな葉をかき分けて前に進みます。

f:id:trailtravel:20200418160630j:plain

;つД`) っ ガサガサ・・・

無数の手のひらを潜り抜けると、次はタコのような形を形をした木々の群れ。

f:id:trailtravel:20200418165509j:plain

まさにジャングル。

本土のトレイルにはない雰囲気です。

 

そして海へ

深いジャングルでしたが、広さはそれほどではありません。

20分ほど草木をかき分けて進むと、再び道が明瞭になってきます。

f:id:trailtravel:20200418172739j:plain

どうやら、この辺りには人もよく来るようです。

可愛らしい道標もある。

f:id:trailtravel:20200418173650j:plain

扇浦海岸と書いてあります。

ここばかりではなく、分岐にはこの道標が並ぶようになりました。

f:id:trailtravel:20200418174043j:plain

道幅も広くなり、森の様子も穏やかな感じに。

きっともう、人里は近い。

そう思いながら下っていくと、やがて茂みの向こうに道路が見えました。

f:id:trailtravel:20200418174620j:plain

どうやら、扇浦の集落に出たようです。

神社がありました。

f:id:trailtravel:20200418174828j:plain

小笠原神社です。

この神社は、小笠原諸島を発見したと伝えられる小笠原貞頼を祭ったものです。

熱帯風の樹木に囲まれた参道が、いかにも南国風ですね。

神社の先には、海岸に沿った通りが伸びていました。

扇浦に到着、時刻は9時50分でした。

f:id:trailtravel:20200418175928j:plain

ジャングルからビーチへ。

目くるめくような変化の激しさです。

前回も書きましたが、これこそが島のトレイルの醍醐味!

 

ガリガリ君とコーラの思い出

扇浦海岸は道路から徒歩0分の距離にある美しい砂浜です。

f:id:trailtravel:20200418223745j:plain

歩道の脇にはカヤックや漁具などが 並べられている。

f:id:trailtravel:20200418222759j:plain

どことなく華やかな雰囲気がありますね。

これまで通ってきた二つの海岸、宮之浜鉤浜のいずれとも違う空気。

f:id:trailtravel:20200418223201j:plain

海水浴やマリンレジャーを楽しむ人の姿も多く、賑やかです。

朝5時過ぎに大村海岸を出発して約5時間、

それまで誰一人として人間を見ていなかったので、人心地がついてホッとします。

気持ちが緩むと、急に疲れを感じました。

あと、太陽の暑さも。

さすが東京の南1000kmの島、6月の10時というのに灼熱の暑さです。

ともあれ、ここを過ぎると、地図を見るかぎり集落はなさそう。

この付近で少し休憩を取ることにしましょう。

先はまだ長いですからね。

浜から少し離れた場所に、こんな店がありました。

f:id:trailtravel:20200418224713j:plain

小さな店ですが、冷たいものが売っていそう。

入ってみると、なんと、ぼくの大好きなガリガリ君がある!

しかも「梨味」だ!

迷うことなく買い、ついでにコーラも!

f:id:trailtravel:20200418225316j:plain

(*´Д`) ハァ生き返る・・・

ちなみに、このガリガリ君とコーラを同時に口にするということは、ぼくにとって相当な贅沢を意味します。

これを同時に行ったのは、これまでに数度。

そのうちの一度は、以前にふれあいの道の記事で書きましたね。

その時の記事はコチラ⤵
あの時は、日影の全くない霞ケ浦の湖畔を一日中旅したんだった。

あの日も暑かったなぁ・・・

そう言えば、あの旅は2016年の5月だった。

なんだ本土も暑かったのか・・・

そんなことを考えながら、冷たいアイスを口に含みます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次回も父島縦走の旅を続けますよ。

次回の旅はコチラ⤵

それでは、また。

(*´Д`) バイバイ!

どうぞポチリとお願いします⤵ 

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へにほんブログ村

徒歩の旅ランキング














 

中央山 父島の背に乗って

f:id:trailtravel:20200410140302j:plain

(写真:父島最高峰 中央山の山頂)

どうぞ読者に!⇩

みなさん、こんにちは。

( ´_ゝ`)ノ

新型コロナウイルスの影響で、外出を自粛する日々。

我慢の時期が続きますが、皆で力を合わせて頑張りましょう!

そして一日でも早く、自由な日常が戻ってきますように。

その願いを込めて、過去の旅の記録を綴っていきたいと思います。

 

ということで、昨年6月の父島縦走の旅の続きです

前回は大村海岸を出発し、宮之浜から鉤浜(かぎはま)までの旅を書きましたね。

前回の旅はコチラ⇩
縦走の全体像を改めて紹介します。 

f:id:trailtravel:20200329175656j:plain

鉤浜からは再び海を見下ろす稜線に出て、長崎展望台へ。

その後、父島の背ともいえる夜明山から中央山への山地部を南下します。

 

海を見下ろす稜線の道

鉤浜に到着したのは6時25分。

宮之浜が明るく開けていたのに対し、鉤浜は荒涼とした雰囲気。

f:id:trailtravel:20200404193746j:plain

5時15分に大村海岸を出発してから1時間少々。

まだまだ元気いっぱいなので、しばし浜辺で佇んだのちにすぐに出発

ジャングルのような道を登り返し、再び舗装道まで戻ります。

するとすぐに、長崎展望台へと続く登山道の入り口を発見

f:id:trailtravel:20200410143802j:plain

さあ、ここからはどんな風景が待っているんでしょう。

期待に胸が高まります。

地図を見るかぎり、ここから長崎展望台までは、今回の旅で最も景色の良い箇所。

もちろん植生にも左右されますが、きっと絶景が望めるはず!

(*´ω`*) わくわく・・・

 

5分ほど登ると、稜線に乗ることができました。

しかし予想に反し、低い木々に覆われて眺望はありません。

f:id:trailtravel:20200410144630j:plain

(’・_・`)・・・

いや、まだまだこれからだ!

気を取り直して先へ進みます。

 すると、急な登りが出現

f:id:trailtravel:20200410151554j:plain

なかなか急です。

階段らしきものはあるけれど、あまり役に立ってない。

登り続けていると、なにやらピークらしき地形が見えてきた。

f:id:trailtravel:20200410151838j:plain

植生もまばらになってきました。

ここを登ると、見晴らしがよくなりそうだ。

登り切ると、こんな風景。

f:id:trailtravel:20200410152101j:plain

急な崖の向こうに、狭い海峡を挟んで兄島が!

((゚∀゚) おおー!

f:id:trailtravel:20200410152418j:plain

兄島は父島のすぐ北に浮かぶ島で、人は住んでいません。

荒々しい岩山が連なるその姿は、「世界の果て」の魔法島みたい。

行ってみたいなぁ・・・

 

振り返ると、一番奥に今朝出発した大村の街が見えます。

f:id:trailtravel:20200410153227j:plain

そして進む方向には、期待通りの眺望が!

海を見降ろしながら、稜線の道を進みます。

f:id:trailtravel:20200410153821j:plain

目まぐるしく変化する風景は島トレイルの醍醐味です。

ほんの数10分前まで、ジャングルと浜辺だったのがこの変化!

進むのが惜しくなるほど、素晴らしい道でしたよ。

 

島のダイナミックな稜線

兄島を左に見ながら進んでいくと、正面に山が見えてきました。

f:id:trailtravel:20200410204739j:plain

よく見ると、山腹に沿ってうねうねと長い階段が伸びています。

まるで蛇が絡みついているようだ。 

f:id:trailtravel:20200410204926j:plain

しかも、結構急な登りです。

小さな島なのに、なかなかダイナミックな地形だなぁ・・・

やがて平坦な尾根道は終わり、岩が露出し始めます。

f:id:trailtravel:20200410205531j:plain

いよいよ、本格的な登りになってきました。

f:id:trailtravel:20200410205733j:plain

左手側は急峻な崖が海に落ち込んでいます。

気をつけなくては。

f:id:trailtravel:20200410205935j:plain

標高は低いのですが、海に囲まれているせいか高度感を感じます。

さらに登っていくと、階段が見えてきました。

これがあの蛇のように見えた階段だな。

f:id:trailtravel:20200410210514j:plain
この階段はなかなか急です。

振り返って見ると、こんな感じ。

f:id:trailtravel:20200411003216j:plain

なかなかいい角度でしょ。

少し息を切らせながら登り切ると、再び眺めの良い道にでます。

f:id:trailtravel:20200411004554j:plain

兄島の姿はいつしか後方に去り、広大な太平洋が目の前に。

海は本当に広いなぁ。

こんな広大な水の上に、陸地が突き出ていることが不思議に思える。

やがて道は下りに変わります。

f:id:trailtravel:20200411005052j:plain

階段の向こうには舗装道が見える。

この美しい稜線歩きも終わりのようです。

舗装道に出る直前に、長崎展望台はありました。

f:id:trailtravel:20200411005241j:plain

時間は7時15分。

ちょうど出発から2時間経ちました。

お腹もすいたので、ここで少し休憩。

ザックからパンを取り出して朝食にします。

山から海を眺めて食べる朝食は、気持ちいい!

この広大な空間に、たった一人しかいないという贅沢を噛み締めます。

 

父島の背を歩く

長崎展望台を下ると、すぐに舗装道に出ました。

f:id:trailtravel:20200411010021j:plain

「夜明道路」と書いてあります。

この先にある夜明山(よあけやま)にちなむものでしょう。

道の先には父島最高峰の中央山がありますが、敢えて「夜明」と名付けるのが憎い。

夜明の道路のほうが、何となくロマンを感じますもんね。

この道は、父島の背骨を通る山地沿いの道路になっています。

ということで、ここから先は夜明道路を南下。

さすが南国、周囲にはエキゾチックな木々が。

f:id:trailtravel:20200411010754j:plain

大きな電波望遠鏡もあります。

これは国立天文台の小笠原観測局です。

f:id:trailtravel:20200411011000j:plain

大きいなぁ・・・

天文台を過ぎてさらに進むと、少し開けた場所に出ました。

夜明山と書いてある。

f:id:trailtravel:20200411011229j:plain

平坦な場所で山らしくないですが、山頂は右手の森の中にあるようです。

父島は全体が世界自然遺産なので、歩道として整備された場所以外の立ち入りはできません。

さらに道路を進むと、前方にドームを備えた施設が見えてきました。

f:id:trailtravel:20200411011900j:plain

何だか秘密基地みたい。

f:id:trailtravel:20200411012008j:plain

悪の組織ではありませんよ。

ここはJAXA(宇宙航空開発機構)の施設です。

種子島宇宙センターから打ち上げられたロケットの飛行状況などを追跡するらしい。

何だかスケールの大きい話ですね。

 

ところで、次第に朝の涼しさが去り、日差しが強くなってきました。

時計を見ると8時20分。

6月とはいえ、父島の日差しは暑い。

少しだけ道路脇の日陰で休憩します。

 

父島の最高峰 中央山

10分ほど休むと、再び元気が戻ってきました。

JAXAを後にしてさらに20分ほど進むと、道路が分岐している場所に到着

f:id:trailtravel:20200411013330j:plain

道路の左側には「中央山」との標識が。

右の細い道はどうやら中央山の山頂に通じているようです。

もちろん、登りますよ。

登山道に入ると、これまでの舗装道とは一転、木々に覆われた山道に。

f:id:trailtravel:20200411013958j:plain

暑い日差しが遮られて、涼しくて気持ちがいい。

やっぱりトレイルはいいな。

5分ほど登ると、トンネルの出口が見えてきました。

f:id:trailtravel:20200411014324j:plain

そして、トンネルを抜けたその先に・・・

一面の空!

f:id:trailtravel:20200411014545j:plain

(*´Д`) 広い!

父島最高峰、中央山、319mの山頂です。

時刻は8時50分でした。

海から爽やかな風が吹き渡っていて、思わず叫びたくなる!

気持ち良く開けた山頂を、さらに奥に進みます。

f:id:trailtravel:20200411015148j:plain

進むにつれ、太平洋が全周を取り囲むように姿を現してくる。

山頂の南端に、展望台がありました。

f:id:trailtravel:20200411015611j:plain

展望台に登り、来た道を振り返ると、出発点の大村海岸が湾を挟んで見える。

f:id:trailtravel:20200411170310j:plain

もうあんなに遠い。

その向こうには限りなく広がる太平洋。

さらに、はるか向こうには日本があるはず。

水平線は緩やかに弧を描いていて、地球の丸さを感じます。

展望台の南側を見ると、岩肌を露出させた山塊が。

f:id:trailtravel:20200411171235j:plain

縦走旅の目的地、ジョンビーチはこの山の向こう。

まだまだ先だ。

ワクワク感を胸に、旅を続けましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次回も父島縦走の旅の続きを書きますね。

それでは、また。

(^ω^)ノ バイバイ

どうぞポチリとお願いします!⇩

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へにほんブログ村

徒歩の旅ランキング

 

さあ父島縦走の旅へ

 

f:id:trailtravel:20200329173103j:plain

(写真:父島北部、宮之浜沿いの道)

どうぞ読者に!⇩

みなさん、こんにちは。

(=^ω^)ノ

新型コロナウイルスの影響で、閉塞感のある日常が続きますね。

ここは皆で心を一つにグッと我慢!

せめて過去の旅に思いをはせましょう。

ぜひ一緒に旅を楽しんでください。

 

前回の記事は、ほぼ父島の紹介とグルメ旅で終わってしまいました。

ということで、いよいよ父島のトレイル旅本編の開始。

2019年6月23日の旅です。

前回の記事はコチラ⇩さて、父島のおさらいです。

父島は東京の南方約1000kmの太平洋上に浮かぶ島で、その面積は約24㎢。

南北に長く、その大きさは周囲約50km、南北に約15km。

形は何となく恐竜に似てる?

最高点は中央山の標高320mとさほど高くはないものの、地形は全般的に急峻です。

島の中心部は北部の二見湾に面した大村という場所で、東京と父島を結ぶ定期船「おがさわら丸」もこの港に着きます。

ぼくの滞在した宿も大村にありました。

旅のルートはこんな感じ。

f:id:trailtravel:20200329175656j:plain

国土地理院HPの地図データをもとに作成) 

まずは、宿のある大村海岸からスタート、山沿いに父島最北部の宮之浜を目指します。

三日月山は先に下見を兼ねて訪れたので、今回はパス。

宮之浜から海沿いの稜線に登り鉤浜(かぎはま)へ。

さらに再び海沿いの稜線を経て長崎展望台まで進みます。

ここから先は父島の主稜線となりますが、登山道はないために道路沿いに南下。

父島最高峰の中央山を経て、扇浦(おおぎうら)の海岸へ下る。

扇浦からは引き続き道路沿いにコペペ海岸へ。

コペペ海岸以降は海岸をつなぎながらジョンビーチまで進みます。

ジョンビーチは一般人が立ち入れる父島の南限となっており、この先は道がないために再び北上し、バス停のある小湊海岸まで戻り旅は終了。

だいたい20kmぐらいでしょうか(適当)

 

朝の静けさを後に

この日はだいぶ早起きをしましたよ。

朝 4時に起き、5時15分に大村海岸を出発。

父島一番の目抜き通りですが、まだ人影はありません。

f:id:trailtravel:20200331222019j:plain

6月とはいえ父島は暑いですが、早朝は涼しい空気で満たされています。

気持ちいい!

今日はきっと良い日になるぞ!

そんな予感を感じながら、大村海岸を出発。

まずは三日月山方面へ向かいます。

f:id:trailtravel:20200331224531j:plain

やっぱり、山容がトロピカルですね。

まずは舗装道を登っていきます。

途中、道端にカニを見つけました。

f:id:trailtravel:20200331230951j:plain

振り返ると、朝の大村海岸と、その向こうの山塊が見える。

f:id:trailtravel:20200331231910j:plain

険しい山と海に囲まれた港町は、物音ひとつない静けさ。

まるで息をひそめて、何かを待っているような様子でした。

 

まるで外国 宮之浜

大村海岸を背にして、このまま三日月山方向へと舗装道を登っていきます。

途中、分岐がありました。

f:id:trailtravel:20200402205337j:plain

ここを左に曲がると三日月山へ、まっすぐ進むと宮之浜へ向かいます。

三日月山展望台は前回の記事の通り事前に登ったので、今日はまっすぐ宮之浜へ。

ずっと幅の広い舗装道が続きます。

f:id:trailtravel:20200402210526j:plain

この緩やかなカーブを登り切ると、今度は北に向かって道が下り始めます。

道の両脇は木々がで覆われ始め、その間から、わずかに海が見えできました。

f:id:trailtravel:20200402210944j:plain

ここを下り切れば宮之浜です。

さあ、海だぞー!

足を速めて進んでいくと、程なく海岸への入り口に到着

f:id:trailtravel:20200402211351j:plain

宮之浜の海岸です。

穏やかな朝の海は、波音も聞こえないくらい凪いでいました。

f:id:trailtravel:20200402211559j:plain

海から伸びている轍のような痕は、もしかしたらウミガメかな?

人の気配は全くありません。

広々とした砂浜に沿って、南洋風の道が伸びています。

f:id:trailtravel:20200402211719j:plain

ここを抜けると、まるで外国のビーチのような風景が。

f:id:trailtravel:20200402211903j:plain

青々とした芝生に、ヤシの木。

気持ちいいなぁ・・・

ここで一休みしてビールでも・・・

しかしまだ時刻は5時45分。

グッとこらえて先へ進むと、浜辺に沿って桟道が作られていました。

f:id:trailtravel:20200402215309j:plain

これはワクワク感たっぷりの道!

道の先は、岩場の先に続いていて、そこから登りに変わっています。

f:id:trailtravel:20200402215423j:plain

結構、急な登りだ。

振り返ると、こんな感じ。

f:id:trailtravel:20200402220132j:plain

崖を登ると、宮之浜が一望。

まるで箱庭ならぬ、箱海のよう。

f:id:trailtravel:20200403210816j:plain

さて、次は鉤浜(かぎはま)へと向かいます。

 

島のトレイルの醍醐味とは

ここから鉤浜へは、海に沿って延びる尾根を西に進みます。

まずは、松の落葉に覆われたトレイルを歩く。

f:id:trailtravel:20200403212020j:plain

まるで、糸が絡まっているかのような松の枯葉

予想に反し良く整備された道で、道標もしっかり立っています。

f:id:trailtravel:20200403212336j:plain

鉤浜の入り口までは0.7kmと書いてある。

すぐそこなんだ。

松の林を抜けると、今度は海を見下ろす稜線歩きに。

f:id:trailtravel:20200403212751j:plain

海のほうから、涼しい風が吹いてくる。

しかし、すぐに舗装道に出てしまいました。

f:id:trailtravel:20200403213103j:plain

残念、と思っていたら、舗装道の脇に何やら怪しげな入口が。

まるで樹木のトンネルのよう。

f:id:trailtravel:20200403213540j:plain

樹木が鬱蒼と生い茂っていて、暗い。

これまでの景色とは異なる雰囲気がありますね。

少しドキドキしながら、中に入っていきます。

まるでジャングルだ。

f:id:trailtravel:20200403214324j:plain

エキゾチックな植物が、手を伸ばすように枝を広げている。

まるで道を塞ごうとしているかのようです。

f:id:trailtravel:20200404192636j:plain

さっきまでの稜線歩きが嘘のように、どんどん密林へと入っていく。

10分ほど下ると、少し開けてきた感じが。

海はもう近いのでは?

f:id:trailtravel:20200404193508j:plain

次第に潮の香りが感じられます。

微かだけれど、波音も響いてきて、

そして、突然視界が開けて・・・

f:id:trailtravel:20200404193746j:plain

( * ‘ ∀‘) 海!

密林から、いきなり広々とした海岸に放り出される開放感。

このダイナミックな風景の変転は、島トレイルの醍醐味です。

樹木のトンネルを抜けて海に出る感覚は、どことなく胎内巡りに近い。

まるで、生まれ変わったかのような感じです。

 

過ぎ去った時の重み

しかも、この鉤浜は先ほどの宮之浜とは違い、どことなく荒涼とした雰囲気

f:id:trailtravel:20200404195020j:plain

白骨にも見える流木が、ガレた浜辺に何本も横たわっています。

湾を取り囲む地形も、何となく異世界感があるような・・・

よく見ると、崖の所々に、なにやら人工物がありました。

これはもしかして・・・

f:id:trailtravel:20200404195630j:plain

銃眼ですね。父島は地上戦こそなかったものの、太平洋戦争時は本土防衛の要衝として、要塞化が図られていた土地です。

なるほど、時々引き締まった空気を感じるのはそのためかも。

来る日も、来る日も、銃眼越しに海を見つめていた兵士の心境はどのようなものだったのでしょう。

ぼくはその気持ちを知る由もありませんが、こうしてトレイルの旅を楽しめる幸せを噛み締めます。

しばし父島の往時を想像し、過ぎ去った時間の重さを感じていました。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次回も父島縦走のトレイルの旅を続けますよー

次回の旅はコチラ⤵ 

 

それでは、また。

どうぞポチリとお願いします↘

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へにほんブログ村

徒歩の旅ランキング