ロングトレイルの旅   関東ふれあいの道一周

1都6県をつなぐ自然歩道「関東ふれあいの道」1800Kmを一周するりゅうぞうのブログです。

浅間嶺 奥多摩の夏の終わり

 

f:id:trailtravel:20200204002923j:plain

(写真:「歴史のみち」浅間嶺からの奥多摩の山並み)

どうぞ読者に!⤵

みなさん、こんにちは。

(=  ´ ω `)ノ

前回は大岳沢から馬頭刈尾根(まずかりおね)に登り、綾滝天狗滝と滝巡りを楽しんだところまで書きましたね。

前回の旅はコチラ⤵


さて御岳山から始まった「悠久の東京編」第2回目の旅も、いよいよ最後です。

旅のルートはこちら⤵

f:id:trailtravel:20200112161212j:plain

今回は、千足バス停に出て浅間嶺(せんげんれい)に登り、終点の上川乗(かみかわのり)バス停までの旅を書きますね。

これで、2019年9月7日の旅は終わり。

それでは、旅を続けましょう。

 

コーラを飲んで払沢の滝へ

天狗滝はその名にふさわしく、秘境の雰囲気を漂わせていました。

f:id:trailtravel:20200126170544j:plain

しかし、滝を離れて少し下ると、すぐに舗装林道に出て少し驚き。

f:id:trailtravel:20200204011201j:plain

ここを真っ直ぐ下っていくと、やがて集落に出て、「鍾乳洞と滝のみち」終点の千足バス停に到着。

f:id:trailtravel:20200204011452j:plain

時間は14時15分でした。

ここから本日最後のルート「歴史のみち」起点の払沢の滝入口バス停までは、この道沿いに1kmほど行かなければなりません。

しかし暑いなぁ・・・

ちょうど途中に自動販売機があったので、コーラを買って休憩。

f:id:trailtravel:20200204011903j:plain

山歩きをすると、なぜかコーラが飲みたくなる・・・

普段、コーラはほとんど飲まないし、飲みたくもならないのに不思議。

さらに不思議なことに、この時ばかりはスプライトやCCレモンではダメなんですね。

コーラでないとダメ。

しかも、500mlを一気に飲まないと、身体が満足しない・・・

ということで、一気に飲み干します。

(  ゚∀ ゚)  プハー!

うまいっつ!

グングンと力が蘇ってくるのを実感!

 

よし、元気出していくぞ!

f:id:trailtravel:20200204012800j:plain

やっぱり暑い・・・

さっきまで、奥多摩の豊かな水に癒されていたのが嘘のよう。

アスファルトは熱気を含み、上からは激しい日光が照りつける。

早くもコーラパワーが尽きかけてきたころ、払沢の滝入口バス停に到着。

f:id:trailtravel:20200204013342j:plain

時間は14時35分。

20分ぐらいしか歩いていないのに、かなり疲れました。

早く山道に戻りたい。

ちなみに、このバス停の向かいには、美味しい豆腐屋さんがありますよ。

f:id:trailtravel:20200204224129j:plain

ちとせ屋さんです。

奥多摩に訪れた際はぜひどうぞ。

 

払沢の滝を訪ねる

ここから始まる「歴史のみち」は、払沢の滝には寄らないルートとなっています。

しかし、大滝綾滝天狗滝と滝巡りをしてきて、奥多摩で最も名高い払沢の滝に行かないというのは、どうもスッキリしない。

 これから浅間嶺に登るのですが、まだ15時前。立ち寄れない時間でもない。

ということで、ちょっと寄り道をして払沢の滝を訪ねることに。

 

滝に続く遊歩道の入り口には、こんなオシャレな建物もあります。

f:id:trailtravel:20200204225242j:plain

ここから進むこと5分、払沢の滝に到着。

滝までの道は、ウッドチップの敷かれた歩きやすい遊歩道です

滝つぼには、沢山の人が。

f:id:trailtravel:20200204225628j:plain

東京都で唯一、日本の滝百選に選ばれているだけあって、さすがに美しいです。

f:id:trailtravel:20200204230143j:plain

滝は4段になっていて、落差は62mですから、綾滝の21m、天狗滝の38mと比べてもはるかに大きい。

しかし、人が多いせいか、綾滝や天狗滝のような秘境感や神秘性は乏しかった気が。

でもこれは、払沢の滝のせいじゃないよね。

時間は14時55分、あまりのんびりしていられないので、そそくさと引き返します。

途中、こんな面白い建物もありました。

f:id:trailtravel:20200204231139j:plain

そして、浅間嶺への入り口に到着。

ここは払沢の滝の駐車場になっています。

f:id:trailtravel:20200204231634j:plain

この広場に、こんな案内板がありました。

檜原村滝めぐりマップ」

f:id:trailtravel:20200204231806j:plain

おおー、13もの滝が!

全部の滝をまわってみるのも面白い旅になりそうだ。

いつかやってみよう、絶対!

 

時坂峠から峠の茶屋へ

時間は15時05分、少し急ぎましょう。

まずは浅間嶺につながる時坂峠まで。

駐車場を後にし、坂道を登っていくと登山道の入り口を発見。

f:id:trailtravel:20200204232408j:plain

なんだか裏庭っぽい道を通っていく。

f:id:trailtravel:20200204232725j:plain

すると再び、舗装道に合流。

f:id:trailtravel:20200204232915j:plain

と思ったら、またもや舗装道から外れて裏山風の道。

f:id:trailtravel:20200204233057j:plain

そしてまた、舗装道に合流。

どうやらここが時坂峠のようです。時刻は15時30分。

f:id:trailtravel:20200204233339j:plain

もっと山の中を想像していたので、ちょっと拍子抜け。

でも、急いでいる時は舗装道はありがたいです。

ということで、歩きやすい舗装道をどんどん行くと、10分後に峠の茶屋に到着。

f:id:trailtravel:20200204234132j:plain

大きな看板だなぁ・・・

しかし、茶屋は閉まっていて人の気配はありませんでした。

茶屋を抜け、少し行くと分岐が。

f:id:trailtravel:20200204234725j:plain

ここを左に進み、山道に入っていきます。

f:id:trailtravel:20200205000125j:plain

沢を左に見ながら、登っていく。

ここもまた、豊かな水の道です。

やがて、尾根らしい場所が見えてきました。

f:id:trailtravel:20200205000840j:plain

まるでトンネルを抜ける感覚。

そして、森を抜けると、明るい尾根が待っていました。

f:id:trailtravel:20200205001908j:plain

時刻は16時ちょうど。

開放感が押し寄せてきて、思わず大きく深呼吸しました。

 

浅間嶺、奥多摩の夏の終わり

明るい尾根には涼しい風が吹いていました。

千足バス停での激しい暑さが嘘のように、気持ちの良い空気です。

f:id:trailtravel:20200205003135j:plain

緩やかに尾根は登りになっていて、登るにつれ開けた雰囲気になっていきます。

f:id:trailtravel:20200205003524j:plain

木の枝から漏れてくる光は、僅かに秋の気配を感じさせる柔らかなものでした。

浅間嶺の山頂が近づくと、徐々に木が疎らになってきます。

f:id:trailtravel:20200205004739j:plain

そして16時半、浅間嶺の山頂に着きました。

f:id:trailtravel:20200205005507j:plain

浅間嶺の山頂は、緩やかな一続きの尾根でした。

向かいの峰々が山肌の陰影をくっきりと浮かび上がらせています。

f:id:trailtravel:20200205005811j:plain

穂をつけ始めたススキの群れが風に揺れて、夏が終わることを感じさせる。

もう、秋だ。

f:id:trailtravel:20200205010900j:plain

誰もいない山頂には、ススキの葉が触れ合う音だけが聞こえます。

サワサワという心地よい響きは、どことなく囁き声に似ている。

耳を傾けていると、自分も植物の一員になって、会話に参加している気がします。

それは不思議な感覚で、なんだか心地よいものでした。

 

さて、日が暮れる前に山を降りましょう。

山頂を少し下ったところには広場があって、東屋が建てられています。

f:id:trailtravel:20200205225333j:plain

広場を横切り、下山道へ。

f:id:trailtravel:20200205230946j:plain

30分ほど下ると、人里が見えてきました。

上川乗(かみかわのり)の集落です。

f:id:trailtravel:20200205231436j:plain

楽しかった今日の旅もそろそろ終わり。

御岳山に始まり、日の出山、美しい沢と滝、そして浅間嶺

変化に富んで、奥多摩の魅力が凝縮されたような旅でした。

時刻は17時10分、とうとう終点の上川乗バス停に到着。

f:id:trailtravel:20200205232231j:plain

まだ少し、バスが来るには時間がありました。

少し待ちましょう。

見上げると、月が。

f:id:trailtravel:20200205232526j:plain

いよいよ、東京も残すところあと50km少々。

つまり、関東一周の旅もあと50km少々です。

恐らく、回の旅が関東ふれあいの道一周の最後の旅になるでしょう

あれほど目指してきた終点がもう目の前なのに、なぜかそこに到着するのが惜しいような気がする。

なぜだろう?

終点に立ったらどんな気持ちがするんだろうか。

そんなことを、月を見上げながら、ぼんやりと考えていました。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次回は、いよいよ最後の旅のことを書きますね。

ぜひ最後まで一緒に旅してください!

では、また。

どうぞポチリとお願いします⤵

にほんブログ村 旅行ブログ 関東旅行へにほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へにほんブログ村

関東旅行ランキング

徒歩の旅ランキング